◆ダイソー110円グッズで食パンが劇的に美味しくなる

 東京都内のゲストハウスを転々としながら、日雇い派遣の仕事を中心に、まったくお金にもならない小説を書くという生活を長年続けている筆者。当然、生活費を抑える必要がある。そんななかで衣食住にまつわるグッズが低価格でそろう「100円ショップ」は欠かせないものだ。

 ダイソーのオーブントースター用 スチーム皿(税込110円)というグッズが「すごい!」と、ちょっとした話題になっている。5センチほどのこのスチーム皿に水を入れてトースターでパンといっしょに焼くだけで、「劇的に美味しくなる」というのだ。僕も実際にこれでパンを焼いてみることにした。

◆パンのカリカリ感ともっちり感がアップ

 スチーム皿を使用するのと使用しないのとでパンにどのくらい味の違いが出るのか比較するため、まずはスチーム皿を使用せずにパンを焼いた。それにマーガリンを塗って食べる。表面カリカリでふつうに美味しい。

 次にスチーム皿を使用する。水を入れ、トースターの中のパンの横に置いて加熱する。そして焼きあがったパンはスチーム皿を使用せずに焼いたものと見た目はほとんど変わらない。が、味のほうはどうか。これもマーガリンを塗って食べてみると、その違いは明らかだった。表面のカリカリ感と中のもっちり感が数段アップしていたのである。

◆はちみつをこぼれにくくするカッター

 ダイソーにはパンをおいしくするだけでなく、かわいくデコレーションするグッズも揃えられている。そのひとつがハニートーストカッター(税込110円)だ。これをパンにギュッと押し当てると、ハニカム状の切り目ができる。これで見た目がかわいくなるうえ、はちみつをかけたときにこぼれにくくなるらしい。これも実際に使ってみた。

 パンにハニートーストカッターを当ててギュッと押す。すると、切り目ができるどころかパックリと切れてしまった。これは失敗。少し力の加減をしたほうがよさそうだ。

◆じわりと染み込んでいく…

 次はもっと優しく押して切り目だけを作り、トースターで焼いた。こんがりと焼き色が付くと切り目がくっきりと露になる。

 そこにはちみつをかけると、切り目で止まってじわりと染み込んでいく。食べてみると、当たり前のように美味しい。はちみつをかけて食べたほうがいいのはパンケーキだけではないのだということを思い知らせてくれる味である。

◆チェック柄のチーズをデコレーション

 ほかにもチェックチーズカッター(税込110円)というグッズもある。パンにスライスチーズをチェック柄にデコレーションできるのだ。

 抜き型と押し型があり、まずは抜き型でスライスチーズを格子状にカットする。次にそれをパンの上に置いて押し型を当てると、チーズがひとつ飛びに押し出されてチェック柄になる。このチーズの間を埋めるようにしてジャムを塗ったらあとはトースターで焼くだけ。

 チーズはとろけるタイプのものだとこのときにチェック柄が潰れてしまうので、とろけないタイプのものがいいだろう(焼かずにそのまま食べるというのもありだが)。そして焼きあがったものはチーズにほんのりと焦げ目が付いており、インスタ映え間違いなしのかわいさだった。

 ダイソーグッズをうまく活用することで、毎日のパンをさらにおいしく、そして楽しくすることができそうだ。
 
<取材・文・撮影/小林ていじ>

【小林ていじ】
バイオレンスものや歴史ものの小説を書いてます。詳しくはTwitterのアカウント@kobayashiteijiで。趣味でYouTuberもやってます。YouTubeで「ていじの世界散歩」を検索。100均グッズ研究家。

―[借り暮らし40代日雇い男の「100円ショップ」生活]―