―[貧困東大生・布施川天馬]―

 現役東大生の布施川天馬と申します。学生生活の傍ら、ライターとして受験に関する情報発信などをしています。

◆東大生は知っている「アドバイスがうまい人と下手な人の違い」

 皆さんは、誰かの相談に乗ることは好きでしょうか? 人から相談されるのがうれしいという方もいらっしゃいますが、そういう方は、たとえくだらない内容だとしても本当に熱心に話を聞いてくれます。

 親身に話を聞かれると、相談している側としてもうれしくなってしまいますよね。

 僕も受験生の頃によく先生やチューターの方などに相談していました。先行きの見えない受験生活の中でさまざまなアドバイスをくださった先生方や先輩方のおかげで今の自分がありますし、本当に彼らには頭が上がりません。

 もちろん、受験生活を終えてからもいろいろなことで人に相談しています。学業に関することもそうですし、友人関係のようにプライベートなことなど、本当に多岐にわたる内容を人に相談しながら生きています。これは僕以外の方についても同様なのではないかと思います。

◆相談を受ける際に絶対にやってはいけないこと

 しかし、皆さんは相談を受けるとき、あることに注意しなくてはいけない事実をご存じでしょうか。これに気をつけないと、せっかく時間を割いて相談に乗ってあげたにもかかわらず、お互いに不満を抱いたままで終わってしまう可能性があるのです。

 それは「相手の主張を聞かないこと」にほかなりません。「当たり前だろ!」と思われるかもしれませんが、実は皆さんやってしまいがち。というのも、あるコツを知らなければ、相手に「自分の話を聞いていない」と思わせてしまうからです。

 落ちこぼれたちが努力して東大合格を目指すマンガ『ドラゴン桜』にて、その落とし穴の正体と、回避方法が説明されています。

 東大合格をバックアップする教師チームによるミーティングの最中、教師の高原浩之先生は「生徒から『志望校のレベルを一つ下げたい』という相談を受けたらどうするか」と問われます。

 彼は「肯定してあげる」「合格できると励ます」など対策を挙げるのですが、これを聞いた東大受験の立役者・桜木健二先生より「それではいけない」とことごとくダメ出しを受けてしまいました。

◆相手の言ってきたことをそのまま繰り返す

 さまざまなパターンを想定して答えた高原先生でしたが、結局どれもこれもダメ出しを食らってしまいました。では、相談を乗るときには、どのようにすればいいのか。

 作中で示された答えは、ずばり「相手の言ってきたことをそのまま繰り返せ」でした。

 つまり、「迷ってることがあるんです」と相談されたら、「どうして?」とか「何に?」とか言うのではなく、「ふーん、何かに迷ってるんだ」と、言われた内容をそのまま繰り返してあげればよいというのです。

 一見するとバカバカしいように見えるかもしれません。ですが、これは想像以上に効果があります。

◆アドバイスがうまい人は実はやっている

 一度、だまされたと思って、人と話している際にこの手法を試してみてください。「どうして?」とか「何があったの?」とかいうよりも、ずっと相手が饒舌に喋り出すはずです。

「言っている内容を文の構造や単語などを組み替えて、同じことを繰り返す」と言われると簡単に思えるかもしれませんが、実際にやってみると難しい。

 あまり頼りにならないように見えて、意外なほどに相談に乗ることがうまい人などもいますが、もしかすると無意識にこの手法を試しているのかもしれませんね。

 社会人の皆さんは、人の相談に乗る機会がきっと大学生の僕よりもずっと多いかと思われます。皆さんのビジネスに何か寄与できれば幸いです。

【布施川天馬】
1997年生まれ。世帯年収300万円台の家庭に生まれながらも、効率的な勉強法を自ら編み出し、東大合格を果たす。著書に最小限のコストで最大の成果を出すためのノウハウを体系化した著書『東大式節約勉強法』、膨大な範囲と量の受験勉強をする中で気がついた「コスパを極限まで高める時間の使い方」を解説した『東大式時間術』がある(Twitterアカウント:@Temma_Fusegawa)

―[貧困東大生・布施川天馬]―