恋に季節は関係ない! そこで日刊SPA!は今回「恋愛テクニック」に注目。なぜ上手くいかなかったのか参考になる、反響の大きかった記事ベスト10を発表。男女の駆け引きを学べる第10位は、こちら!(集計期間は2019年1月〜2021年12月まで。初公開日2021年12月9日 記事は公開時の状況です)
 *  *  *

 皆さん、こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。

◆移り変わりが早い婚活業界

 婚活事業をスタートさせてから早6年。私が起業したときとはすっかり状況も変わり、利用者の年齢層なども変化してきました。

 マッチングアプリのニーズも上がり、婚活をする方が増え、そのため、マッチングアプリと結婚相談所の違いが次第になくなってきたようにも感じます。

 マッチングアプリも詐欺や既婚者などでトラブルが増えていることもあり、独身証明書の提出をしている人などがわかるようになったりしていて、安心して使ってもらえるような対策をしています。

◆「付き合っても長く続かない」のはなぜ?

 逆に結婚相談所は昔のようなハードルの高いイメージがなくなり、アプリの導入で出会いの気軽さや手軽さで若い層の利用者を増やしています。

 多くの婚活者の結婚を実現するために、さまざまな出会いのツールが増える一方で、出会ってから結婚までのプロセスに課題を感じる方が増えているのも事実です。

「付き合っても長く続かない」という相談はここ数年かなり増えています。付き合えるけど結婚まで行かないという方がどんなことを心がければ結婚につながる恋ができるのか……今回はそんな悩みを持った方のヒントになれば嬉しいです。

◆社交的だが、交際が続かない36歳男性

 ヒロシさん(仮名・36歳)は、コロナ禍以前は毎月のように合コンを主催し、たくさんの出会いを作っていた社交的な男性。私の元にご相談にきたきっかけは『日刊SPA!』の記事を見てでした。

 合コン三昧だった日々とは一変して自宅で過ごすことが多くなり、そのタイミングで、周りの友人が結婚をしていったようで、「自分もそろそろ本気で結婚相手を探さないとと少し焦りの気持ちが出た」とご相談に来ました、

 顔の広いヒロシさんは、当然、出会いに困っている様子はなく、紹介でも出会いはあると言っていたものの、「付き合っても長くて6か月しか続かない。自分は人と何年も一緒にいるのができないのかもしれない」と悩んでいました。

◆「とりあえず付き合う」を繰り返すことの弊害

 そもそも30歳を過ぎてお付き合いをするときに、多くの人が出会って1か月前後で告白をしたり、体の関係を持ったりして、「とりあえず付き合ってみる」という形でスタートさせがちです。

 昔はそれなりにお付き合いの長い彼女がいたけど、最近は続かないという方にはそれなりの理由があります。

 実際、出会ってから付き合うまでの期間の長さと、付き合う時のモチベーション、この2つを過去の恋愛と比べてもらうと、確実に若い頃の過去の恋愛のほうが相手への告白の重たさや時間のかける長さが違います。

 私はヒロシさんに「とりあえず付き合う」ということはおすすめしないことをお伝えしました。

◆気持ちを盛り上げ続けるためのコミュニケーション

 その後、アプリで出会った方ととりあえず付き合うことはせず2か月半の時間をかけたところ、相手からの連絡が途絶えてしまったようでした。

 単純に時間をかけてしまっては当然、相手の気持ちは冷める、またはほかに行ってしまうでしょう。

 結婚相談所のようにルールというものがない「恋愛市場」では、時間をかけている間に気持ちを盛り上げるためのコミュニケーションがたくさん必要です。

◆「あなたを心から大切に思っている」を行動で伝える

 2か月半の時間をかける間、「あなたに好意がありますよ」と感じさせるような行動をし続けること。これがポイントです。

 たとえば、「LINEを毎日する」「デートに積極的に誘う」「ふとした会話を記憶してそれをデートで取り入れる」など女性が「自分に好意を持ってもらえてるのかな?」と感じさせる行動はたくさんあります。

 ヒロシさんには2か月半の時間をかけ、その時間で「あなたを心から大切に思っている」という行動を常にしてもらいました。

 それ以外にも、帰宅が夜遅くなるという連絡などがあった際には、必要以上に「大丈夫? 夜だから気をつけてね! 何かあったらすぐ連絡してね」などと気遣う姿勢を見せ、一貫して「あなたが大切です」という好意を見せ続けました。

◆出会いからその先へつなげていくのは自分次第

 現在、ヒロシさんは友人の紹介で出会った女性と1年半お付き合いし、来年から結婚を前提に同棲をスタートさせるそうです。

 紹介されて付き合うまでは2か月。とにかく一貫して好意を見せつつも、きちんとした告白は時間をかけたようでした。

「なかなか長く付き合える人が現れなかったけど、やっと結婚を前提にお付き合いできる人に出会えました」と報告をもらったときには嬉しかったのと同時に、やはり「とりあえず付き合ってみる」という付き合い方が、とても無駄な行為なんだなということも確信しました。

 アプリでも結婚相談所でも紹介でも、出会いからその先へつなげていくのは自分次第です。一つひとつの出会いを大切にすることで婚活を卒業できるのだと感じています。ぜひご参考にされてください。

【山本早織】
1985年、東京生まれ。アイドル、銀座のホステスなどを経て、現在は恋愛コンサルタントとして結婚したい男女に向けて情報や出会いの場を提供する。「結婚相談所Agumブログ」が更新中。公式ホームページ「結婚につながる恋のコンサルタント 山本早織」(Twitterアカウント:@yamamotosaori_)

―[恋愛ベスト10]―