文化放送の定例社長会見が17日、都内の同局で行われた。

 会見の中で、9月にジャニーズ事務所を退社する、元SMAP稲垣吾郎(43)がパーソナリティーを務める番組「編集長 稲垣吾郎」(木曜午後9時半)の今後について、長谷川実取締役編成担当は「番組につきまして、新しい形を取られる(退社する)ということで、稲垣さんの今やらせていただいている番組は、ファンに愛されている。ラジオの改編は10月。少し考えながら、一番いい形をこれから考えたい。未定という状況でございます。そのまま続けていく」と説明した。

 取材陣からは、10月の改編という時期を考えても、局とジャニーズ事務所の契約は9月で切れるのでは? と質問が出た。長谷川取締役編成担当は「期限は決めているという状況ではない。終了については、あらかじめ、決めた約束事ではない。これから、いろいろ話すことはあると思いますけど、ファンの方にとっても一番いい形をこれから話していきたい」と話すにとどめた。