土屋太鳳(22)が20日、都内で行われた主演映画「兄に愛されすぎて困ってます」(河合勇人監督、30日公開)公開直前イベントで、中学校まで磨いたバスケットボールの腕で、フリースローを2本たたき込み、会場に集まった300人のファンを熱狂させた。

 この日は、劇中で兄妹を演じる土屋とGENERATIONS片寄涼太(22)の橘兄妹組チームと、千葉雄大(28)、超特急の草川拓弥(22)、杉野遥亮(21)の3イケメンズチームによる、ガチバトル3本勝負が行われた。土屋は対戦前「ガチで戦っていきたいと思います」と気合を入れた。

 1本目の片寄対草川のサッカーシュート3本勝負は、2−2で引き分け。2本目のお絵描き対決は、千葉の画力の高さが土屋、片寄を上回り1−2で3イケメンズが勝利。3本目のバスケットボールのフリースロー対決は、土屋が1本目を見事に決めるなど3本中1本成功した一方、杉野が全て失敗しの橘兄妹組チームの勝利。ガチバトル3本勝負は1−1で引き分けた。

 迎えたサドンデスのフリースロー対決で、土屋がこの日2本目を決め、橘兄妹組チームが勝利。土屋は「ようやく、決まりました。良かったぁ!!」と喜んだ。

 土屋はイベントの最後に、ラブバトルが展開される映画について聞かれた時は、歓喜のあまり興奮状態だった。「あまりにハイテンションで、何を言おうか考えてきたんですけど…。本当におひとりおひとり、キラキラされていて、思い切りキュンとして泣いて笑えるラブストーリー。ドキドキ、キラキラ感じていただけると思います」と勝利の喜びを爆発させた。【村上幸将】