俳優の砂川啓介さんが11日に亡くなったことが18日、分かった。享年80歳。砂川さんは、ドラえもんの声優だった大山のぶ代(83)の夫で、以前から認知症を患っていたが、15年5月に記者会見を開いて、妻の大山の認知症も公表し、介護をしていた。

 一方で、砂川さんは08年に脳梗塞を、13年には初期の胃がんの手術を受けて、16年4月にも尿管がんの診断を受けて、やむを得ず大山を老人ホームに入所させたことも明かしていた。

 1年以上、尿管がんで療養していたが、11日午前4時10分に死去した。通夜・告別式は、砂川さんの遺志で家族による密葬で、すでに執り行われた。