テレビ東京の福田典子アナウンサー(26)が、転倒してあごを強打しヒビが入る大ケガを負ったことを告白。ファンから心配の声に感謝した。

 福田アナはアシスタントを務める同局系「モヤモヤさまぁ〜ず2」の6日放送に、患部にガーゼを貼った痛々しい姿で登場。「駅前で雨の日にすっ転びまして……」と、収録4日前のアクシデントを明かした。

 雨の中、足早に駅に向かっていた際に滑って転倒し、あごを強打。救急搬送され、あごの骨にヒビが入っていたためボルトを6本入れる手術を受けたという。「まさかこの年になって、縫うし、骨にヒビ入るし、歯折るし、救急車乗るっていうのをいっぺんに経験するとは思わなかったです」と苦笑した。

 福田アナは番組放送後にツイッターを更新。「放送中、沢山のご心配リプライを本当にありがとうございます。けがをして私自身どうなるかと思ったのですが…亀有の皆様、テレ東の先輩方、モヤさまの皆さん、さまぁ〜ずの三村さん、大竹さんに助けて頂き、楽しくロケができました。次回以降のけがした私がいるモヤさまも見て頂ければうれしいです」と呼びかけた。