7月スタートのフジテレビ系「月9」枠の連続ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(月曜午後9時)の7日第4話の平均視聴率が13・8%(関東地区)だったことが8日、ビデオリサーチの調べでわかった。初回が16・3%、第2話が15・6%、第3話が14・0%だった。

 山下智久(32)とともにドクターヘリに乗り込んだ新垣結衣(28)戸田恵梨香(28)比嘉愛未(30)浅利陽介(29)のメインキャストは変わらずに、成田凌(23)新木優子(23)ら、フレッシュなメンバーが加わった。

 08年放送のファーストシーズンでは、フライトドクターを目指すフェロー。10年放送の続編では、研修修了認定まで残りわずかとなっていた。今回は、前作から7年後が舞台。山下は脳外科医、新垣はフライトドクターのリーダーになるなど、それぞれがキャリアを積み、成長した姿が描かれる。

 第4話は、河川敷でバーベキュー中にケガをした家族救出のドクターヘリ要請が入る。同時に橘(椎名桔平)の長男・優輔(歸山竜成)の容体が急変したという連絡が。橘は循環器内科医師、井上(滝藤賢一)とともに、初療室で優輔の処置に当たる。一方、現場に向かった藍沢(山下智久)、名取(有岡大貴)らは患者の姿を発見し驚く。少年の首にはバーベキュー用の串が刺さっていた。藍沢の監督のもと、名取、横峯(新木優子)は少年の治療にあたるが、そこにあらゆる困難が立ちはだかる、という内容だった。