タレントの紗栄子(30)が交際相手でファッション通販サイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイの前沢友作社長(41)と破局した理由について、フジテレビ三田友梨佳アナウンサー(30)は「おふたりにしかわからないようなこともあったんじゃないか」と推察した。

 結婚間近と見られていた紗栄子と前沢氏だが、関係者によると初夏に入ってから、互いの今後を話し合って決めたという。紗栄子の長男、次男が今秋からロンドンに留学することが決まっているといい、紗栄子も現地を拠点にすることから、破局に至ったという。別の関係者によると、紗栄子は今後も仕事の際は日本に戻り、続けていく。

 三田アナは9日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」で、「でもイギリスの学校にお子さんが行くといっても、365日、毎日学校に行くわけではないですし、お休みの日もあると思う。また、紗栄子さんは日本と行き来して仕事をするということに加えて、前沢社長はプライベートジェットを持っていて、いくらでもイギリスに行く機会はあると思う」と、報じられた破局理由に首を傾げ、「何か、遠距離だけではない何かもあったんじゃないかなとも思ってしまう。おふたりにしかわからないようなこともあったんじゃないかと想像してしまいます」と語った。