女性3人組ボーカルユニット、kalafinaが11日、東京・お台場のヴィーナスフォートで、9日に発売した新曲「百火撩乱」のリリース記念ミニライブを行った。

 新曲についてKeikoは「母国を感じさせてくれるメロディー」、Wakanaは「イントロ〜歌の入りにドキッとする」とそれぞれ魅力を語った。

 同曲はTOKYO MXなどで放送されているアニメ「活撃 刀剣乱舞」のエンディングテーマに起用されている。アニメの大ファンだというHikaruは「レコーディングしたときに『守る』っていうパートが多かったけど、『刀剣乱舞』も歴史を“守る”人の話。アニメを見て、Keikoさんの『夢を見て僕らは泣いた』ってところで、泣きそうになりました」と、興奮気味に語った。

 イベントでは、新曲のほかカップリング曲「とんぼ」、NHK「歴史秘話ヒストリア」のエンディングテーマ曲にもなった「symphonia」の3曲を披露。会場いっぱい1000人以上のファンが集まった。