元モーニング娘。田中れいな(27)がリーダーを務める3人組女性バンド「LoVendoЯラベンダー)」が12日、東京・新宿ReNYで「LoVendoЯ LIVE TOUR 2017〜Яe:Start〜」の最終公演を行った。先月1日から東京のほか大阪や福岡など5都市で9公演を行うツアーで、この日は来月6日発売のミニアルバム収録曲「ぶっぱなせ!Baby I Love Ya」など18曲を披露して盛り上げた。

 昨年9月にギターの魚住有希(26)が卒業して以来、3人体制初のツアーで、田中は「こんなにたくさんの方に集まってもらって本当にうれしい。幸せになりました。ありがとうございました」と満員のファンに感謝した。

 田中とツインボーカルを組む岡田万里奈(23)は釣りが得意で、日刊スポーツ釣り面のコーナー「オカマリの雨のち晴れいっつも釣り!!」でも活躍している。この日は同アルバムにも収録され、自身が作詞作曲したソロ曲「出発の鐘(たびだちのかね)」も披露し、「1年ぶりのツアーで、ファンの方とはSNSとかでしかやりとりができなくて、みなさんの気持ちが見えなくて心配だった。でも、このツアーに来てくれた人は本物で、私たちを愛してくれてると伝わったツアーでした。本当にパワーをもらえました。ありがとうございました」とあいさつした。

 ギターの宮沢茉凜(24)は「(ツアーは)長いようで短く、過ぎていってしまいました。ひと夏のいい思い出になりました。それはみなさんも同じだということを信じて、皆さんの全力の笑顔が見たいので、最後まで見せてください!」と話して盛り上げた。

 今回のツアーと同名のミニアルバム「Яe:Start」には「ぶっぱなせ〜」など6曲を収録しており、9月からはリリースイベントも多数予定されている。田中は「これが終わっても来月にまた会う機会があります。自分が書いた曲もありますし、やっぱリリイベにも来てほしいです」と呼び掛けていた。