未婚の浜崎あゆみが、第2子を妊娠していることを発表して話題になっているようですが、ここハリウッドでも未婚で母になったセレブがいます。結婚という形にこだわらず、事実婚を選んだセレブや、未婚で養子を迎えてシングルマザーになったセレブなど、多様な価値観を持つハリウッドセレブたちを紹介します。

●ヴァネッサ・パラディ

ヴァネッサ・パラディは、昨今アンバー・ハードとの離婚や家庭内暴力(DV)を巡る訴訟で世間を騒がせているジョニー・デップと14年間に渡って事実婚の関係にありました。2人はモデルや女優として活躍する長女リリー・ローズと長男ジャック君の2人の子供も授かっていますが、12年にパートナー関係を解消。デップはその後、ハードと結婚しました。デップはかつてのインタビューでパラディとの関係について、「紙切れには意味を感じない。彼女の美しい名前がヴァネッサ・デップになることは彼女も望んでいない」と語っていました。

●アンジェリーナ・ジョリー

「Mr.&Mrs.スミス」(2005年)での共演がきっかけで恋に落ちたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは、未婚のまま3人の実子と3人の養子の両親に。ジョリーは「アメリカの全ての州で同性婚が認められるまで結婚しない」と公言していましたが、交際9年目にフランスの古城で結婚式を挙げて2人は正式に夫婦となりました。しかし、結婚生活は長続きせず、それから2年後にジョリーが離婚を申請して互いにシングルへと戻ったのです。

●ルーニー・マーラ

ルーニー・マーラは、2013年に「her/世界でひとつの彼女」で共演し、18年に再び「マグダラのマリア」の撮影で再会したことをきっかけに交際をスタートさせたホアキン・フェニックスとの間に第1子となる男の子が誕生したと伝えられています。本人たちから正式な発表はないものの、若くして亡くなったフェニックスの兄リヴァーの名前をつけたことを、新作映画でタッグを組んだ映画監督が明かしています。2人は昨年7月に婚約していますが、入籍はしていません。

●シャーリーズ・セロン

ショーン・ペンと交際していたこともある絶世の美女でオスカー女優のシャーリーズ・セロンは、「結婚願望ゼロ」と公言しており、未婚のまま養子を迎えてシングルマザーになることを選択。12年にジャクソン君、15年にオーガストちゃんを養子にしたセロンは昨年、8歳の息子がトランスジェンダーであることを明かして話題になりました。

●コートニー・カーダシアン

リアリティ番組で人気のカーダシアン家の長女コートニー・カーダシアンは、実業家のスコット・ディック氏と09年1月に婚約を解消して破局した直後に妊娠が発覚。その後は、ディック氏とは結婚しないまま3人の子供を授かってシングルマザーとなる道を選択して現在に至っています。

●ダイアン・キートン

ウディ・アレンや「レッズ」(79年)で共演したウォーレン・ベイティ、アル・パチーノら大物と交際してきたダイアン・キートンは、生涯独身を貫いている一人。50歳を過ぎてから2人の子供を養子に迎えています。

●ミシェル・ウィリアムズ

「ブロークバック・マウンテン」でアカデミー賞助演女優賞に輝いたミシェル・ウィリアムは、同作の共演がきっかけでヒース・レジャーと交際をスタート。05年に婚約し、同年10月に長女アチルダちゃんが誕生しましたが、07年に婚約を解消してシングルマザーに。レジャーは翌年、28歳という若さでこの世を去ることになってしまいました。そんなウィリアムズはその後結婚したミュージシャンのフィル・エルヴァラムと離婚し、昨年婚約が報じられた演出家のトーマス・カイルと今年に入って極秘結婚し、第2子を7月に出産したと報じられています。

●ナオミ・ワッツ

「21グラム」(03年)で初めてアカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、日本で大ヒットしたホラー映画のリメイク「ザ・リング」(02年)にも出演しているナオミ・ワッツは、05年から交際している俳優リーヴ・シュレイバーとの間に07年に長男、翌年に次男を授かっているものの婚姻関係を結ばないまま16年に破局。現在はシングルマザーとして2人の子供を育てています。

【千歳香奈子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「ハリウッド直送便」)