清原果耶(19)主演の次期NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月〜金曜午前8時)が、今月17日からスタートする。このほど制作統括の吉永証チーフプロデューサー(CP)がオンラインで合同取材に応じ、清原の魅力、第1週の見どころなどを語った。

宮城・気仙沼湾沖の自然豊かな島で育った「モネ」こと永浦百音(清原)は、内陸の町・登米の森林組合で働きながら天気予報の可能性に出会い、気象予報士を目指す。上京後は民間の気象予報会社で成長しながら、やがて故郷の役に立ちたいと考えるようになる。「きのう何食べた?」などを手掛けた安達菜穗子氏のオリジナル脚本作品。

朝ドラ「あさが来た」で女優デビューし、同局「透明なゆりかご」などで存在感を発揮してきた清原に主演の白羽の矢が立った。明るく伸びやかな性格ながら、震災を機にある思いを抱える役どころ。吉永CPはキャスティングについて「安達さんが描く人物は繊細。せりふの背景の気持ちを伝えることが、安達さんの脚本を生かしたドラマの大事なところ」。また「モネという人物が単純に元気というわけではなく、彼女自身が思い悩んだりする。長く放送する朝ドラでは、その方の持っているものが役と共に出てくるもの。清原さんは明るい部分も、いろいろ考える部分もある。清原さんならモネを表現してくれると思った」と期待を込める。

清原の演技については「どう演じるかを丁寧に考えて、それを的確に表現できるところがすごい。10代の清原さんがベテランの役者さんと同じように演じている。ヒロインをお願いして間違いなかったと思いました」。清原の現場での振る舞いについては「基本的に自然体」としつつ、「慌てた感じが表面に出てこないタイプ。時々『すごく緊張していた』とお芝居以外も含めておっしゃるので、意外とご自身の中でいろんなことを考えながら現場に来て、撮影をしているのでは」と様子を語った。

落ち着いた役柄を演じる印象が強い清原だが、第1週では、西島秀俊演じる気象予報士・朝岡に山でラフターヨガ(笑いと深呼吸を組み合わせた健康体操)を指南するシーンも。豪快に笑う清原の姿は視聴者を驚かせそうだが、吉永CPは「森林セラピーでの振り切り方は、なかなか思い切りがよくないとできない。ああいう形で清原さんが演じるのはすごいなと思った。それが、1週目のモネの快活さにつながっていると思う」と振り返った。