俳優の佐野史郎(66)が出演中のTBS系ドラマ「リコカツ」(金曜午後10時)を降板すると4日、番組の公式サイトなどが発表した。佐野は腎臓機能障害で緊急入院する。第4話から平田満(67)が代役を務める。

発表では「水口武史役 キャスト交代に関して」とし、「この度、佐野史郎さんの体調不良を受け第4話(5月7日放送)より水口武史役を平田満さんに交代いたします」と佐野の降板を報告。「『リコカツ』の出演者、スタッフ一同、佐野史郎さんの一日も早いご快復を、心から願っております。また、急遽のオファーにもかかわらず、出演のご快諾をいただいた平田満さんには、本当に感謝申し上げます」と続けた。

視聴者に向けて「今後とも『リコカツ』の世界を存分に楽しんでいただきますよう、心より、お願い申し上げます」と記した。

同作は北川景子が主演で、永山瑛太と夫婦を演じている。“交際ゼロ日婚”をした夫婦の関係がすぐに破綻し、離婚活動(リコカツ)をする物語。佐野は主人公・咲(北川)の父親を演じていた。

▼以下、佐野のメッセージ

金曜ドラマ「リコカツ」、第3話までご視聴いただき、本当にありがとうございました。

このたび、思いもよらぬ腎臓機能障害の発見により、急遽、入院せざるをえない状況となり、水口武史役を続投することができなくなってしまいました。プロの俳優として恥ずかしい限りです。

ですがその中で、愛する水口武史役を平田満さんが快くお引き受けくださるとうかがい、大変ありがたく、うれしく、心より感謝いたしております。

この先のみなさまとの現場でのやりとりを、心底楽しみにしておりましたが、これからの平田満さんに宿る武史は、きっと、もっと、愚直で、切なくなるんだろうな〜なんて想像しています。

美土里、咲、楓、梓、紘くん、正さん、薫さん、そして、里奈ちゃん、咲の元カレの貴也くん、自衛隊員のみなさま、出版社のみなさま、達先生…出演者のみなさま、植田博樹プロデューサー、坪井敏雄監督はじめスタッフのみなさま、本当にありがとうございました!「リコカツ」が、視聴者のみなさまはもちろんのこと、ドラマに関わるすべてのみなさまの幸せにつながるよう、心より願っております。

ワタクシも、少しでも関わらせていただいた者として、快復に向けてご利益にあやかりたいと思っております。

「リコカツ」に参加させていただけて、本当にうれしかったです!!

「リコカツ」、最後までお楽しみいただけますよう!!

このたびは、大変申し訳ございませんでした!!