昨年の「M−1グランプリ」決勝で4位となり注目を浴びたお笑いコンビ、錦鯉が11日、都内で行われた「タイタンライブ」にゲスト出演した。

M−1史上最高齢の49歳で決勝進出したボケの長谷川雅紀(49)はトレードマークの真っ白なスーツで、相方のツッコミ渡辺隆(43)と登場。お約束の両手を前に突き出して客に向けた手のひらをグルグル回す、「こんにちは〜」のあいさつの後に「一発ギャグでご機嫌うかがい」と言って、次々とギャグを披露して、チョイ滑りしながら笑いをとった。

長谷川は「街中に逃げたサルを捕まえたい」と宣言して、次々といろいろなキャラクターに扮(ふん)して、結局は自分自身が仕掛けたわなに掛かってしまうネタで爆笑を取った。最後は4月に亡くなった俳優田村正和さんの代表作「古畑任三郎」にまで扮して大きな拍手を浴びた。

このライブは全国の映画館に配信され、エンディングトークで爆笑問題の太田光(56)に「遠距離恋愛で大阪で見てるかもしれない彼女にプロポーズしろ」と強要された長谷川は「結婚して」とつぶやいた。そして「観客の前で漫才をやるのは久しぶりなので感動しました」と笑顔を見せた。

渡辺は「前は1カ月くらい空いていて、今日2本の客前をこなしました。この前に浅草東洋館で漫才やって、これです」と説明した。