石田純一(67)が25日、コメンテーターを務める文化放送「斉藤一美 ニュースワイドSAKIDORI!」(月〜金曜午後3時半)の生出演後、囲み取材に応じ、女優で歌手のすみれ(31)が同日、交際中の一般男性と12日に結婚したことを発表したことへの思いを語った。

石田は「花嫁の父ですから…おめでたい部分もありますが、心配な部分もあります。しっかりしているのか、かわいらしいのか、ちょっと分からないキャラでもあるので」と本音を吐露。最初、結婚を聞いた時は「おめでとうとは言わなかった…えっ いいの? と言うのがあった」と驚いたと明かした。また妊娠も併せて聞き「二重に驚いた」という。

石田は、すみれの結婚と結婚相手について、同番組の中で「3週間くらい前に聞きました。結婚する、婚姻届を出すと2つを。基本的に彼女のすることを信頼している。相手のことは『ちゃん』付けで呼んでいる。立派なというか頑張っている人で、2歳年上の実業家? はい。建築関係、内装の仕事」などと語った。その発言を受けての囲み取材では、すみれが妊娠していることを踏まえ「ハネムーンとか、甘い時が多少、短くなる。赤ちゃんは大変なところでもあり、楽しみなところでもある」と続けた。

お相手とは、既に面会したといい「普通に仕事を頑張っている感じで、頼りがいがあるんじゃないかと…優しい感じ。それは、すみれも言っている。優しくて、一緒にいても癒やされるみたい」と笑みを浮かべた。少し前から存在は知っていたというが「結婚ということを聞いた時は、ビックリしましたけど…えっ!? もう、そういう時なんだなと言うか…いろいろな意味で仕事、外国、ロサンゼルス、ハリウッドとチャレンジをする話も聞いていたので、ちょっと意外でした」と、仕事を優先すると思われた、すみれの結婚そのものに驚いたようだ。