NHK連続テレビ小説「虎に翼」(月〜金曜午前8時)の第3話が3日に放送された。情報番組「あさイチ」MC陣も朝ドラ受けした。

※以下ネタばれを含みます。

あらすじは、教室から聞こえた「女性は無能力者」という言葉に思わず反応してしまった寅子(伊藤沙莉)は、教授の穂高(小林薫)と臨時講師の裁判官・桂場(松山ケンイチ)と出会う。法律に強い関心を持つ寅子に「明律大学女子部法科」へ来いと言う穂高。そこは、女性も弁護士になれる時代が来ることを見越した女性のための法律の学校だった。希望を見いだした寅子は母はる(石田ゆり子)が実家に帰っている間に出願しようとたくらむ。しかし、はるを説得すると言った父・直言(岡部たかし)は、はるにそのことを言い出せない。親友の花江(森田望智)は寅子に、したたかにいきなさいとアドバイスする。

鈴木奈穂子アナウンサーが、ドラマで寅子の女学校の担任役を演じた伊勢佳世が、高校時代の同級生だという衝撃の事実を明かした。驚いた表情で「先月もメールしたのに、ひと言も何もないので、びっくりしちゃって。今日の内容が全然、頭に入ってこない。個人的な話ですみません」と話した。

同ドラマは日本初の女性弁護士で、のちに裁判官となった三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんをモデルにした昭和の法曹界が舞台の物語。伊藤はヒロインの猪爪寅子(いのつめ・ともこ)を演じる。

朝ドラ110作目で、三淵嘉子さんをモデルにした半生を再構成してフィクションとして描く作品。「虎に翼」は中国の法家「韓非子」の言葉で「強いものの上にさらに強さが加わる」という意味。

石田ゆり子、三代目J SOUL BROTHERS岩田剛典、松山ケンイチらが出演。尾野真千子が「語り」を担当。よるドラ「恋せぬふたり」で向田邦子賞を受賞した吉田恵里香氏が脚本。主題歌「さよーならまたいつか!」をシンガー・ソングライター米津玄師が務める。