大泉洋(44)と北川景子(31)が15日、東京・六本木の「ミッドタウンクリスマス2017」イルミネーション点灯式に出席した。2人は来月1日公開の映画「探偵はBARにいる3」で共演している。

 2人で一緒にイルミネーションのスイッチを押し、大泉は「いや〜、きれいでした。北川さんと結婚したようですね(笑い)。毎年、やりたいです」。北川は「とってもロマンチック。デートにピッタリの場所ですね」と笑顔を見せた。

 「探偵−3」は11、13年に公開された人気シリーズの第3弾とあって、主演の大泉は「1、2も傑作だと思っていますが、4、5、6と作りたいから最高傑作を作らなければと思っていた。いいものができた手応えがある」。第3弾で初のヒロイン役の北川は「大人気シリーズで、大泉さんの作品にかける思いが大きいので、ヒロインの責任は重大。4、5、6につなげる架け橋のお手伝いができたと思う」と自信を見せた。

 札幌の人通りの多い交差点で、100人のエキストラを使い、2人のデートシーンを撮影した。「大泉はギリギリまで車の中に待機して、ゲリラ撮影しました。大泉がデレデレしてるように見えますが、そういうシーンなんで。北川さんの美しさが大きい。ある程度の金田ったら貸すね、俺は」と、独特の表現で北川の美貌を褒めたたえた。

 北川はゲリラ撮影を振り返り「一発勝負で、長いセリフを言いました。大泉さんの演じる探偵が、とにかくかっこいい」と話した。