妻子ある50代男性医師とのダブル不倫を報じられた斉藤由貴(50)が3日夜、都内で会見した。男性に好意は抱いていることは認めたが、不倫関係は否定。手をつないだことについては反省の気持ちを示した。

 斉藤はこの日、都内でドラマ収録を終え、ラジオ番組の生放送前に会見した。白いロングワンピース姿で深々と頭を下げた後、質問に答えた。

 男性医師については「家族がお世話になってるお医者さん。アドバイザーで指導してくださる方」と説明し、医師と患者の関係、体調面でのサポートを受けていると強調した。映画観賞後に外で手をつないだ写真については「パッと手を出されて何となくつかんでしまった。一瞬甘えたくなってしまった。優しくしてもらってそんな気分になってしまった。それがダメだった」と反省。「好意はある。だからこそ信頼して子供たちを病院にも連れて行ったりしていた」と、あくまでも医師としての信頼関係が基礎にあるとした。

 斉藤は8歳で洗礼を受けて以来、熱心なモルモン教徒で、94年に結婚した2歳上の夫とも同じモルモン教の信者として知り合った。現在、高校生の長女、中学生の長男、次女がいる。

 「週刊文春」で報道されることが判明後、自宅周辺に取材陣が集まり帰宅できず、夫とは電話で連絡を取り合っている。手つなぎ写真についての反応を聞かれると「責められてしかるべきなんですが、実は怖くて聞けていない。主人も特に何も聞いてこなくて」。電話では会見を開くことや子供たちの夕食の話などをやりとりした。

 今後の夫婦関係については「『ぎゅっと手をつないで親密に』と書かれたら、ほんの一瞬手がアレしちゃっただけでも、主人がそう思ってもしょうがないと思います。こればっかりは、ちょっとこれから…」と今後話し合いをするとした。

 3度目の不倫報道会見のため、こういった会見から「卒業」したいかと、自分のヒット曲に絡めて聞かれたが、数秒間目をつむり「気の利いた答えを言った方がいいのと思ってますが、そういう場じゃないし、答えようがないです」と困惑の表情を浮かべた。一線は越えたのかと、国会議員の不倫騒動で出たキーワードを出されると「そういうことじゃないです」と、あらためて不倫を否定した。

 ◆週刊文春の報道内容 斉藤と男性医師が今年7月26日に横浜市内の映画館から出て指を絡めて手をつないで歩く姿をグラビアで紹介。飲食店で食事を済ませた後、斉藤は医師が運転する高級外車で、日ごろ通う教会まで送られたと伝えた。また2日前の同24日を始め、斉藤が事務所として借りた横浜市内のマンションで頻繁に密会を重ねていると報じた。7月下旬には週4回会い、医師は合鍵を使ってマンションに出入りしていたとしている。医師は斉藤の自宅から車で10分ほどの場所にクリニックを持っており妻子もいる。