HKT48指原莉乃(24)がチェアマンを務める「東京アイドルフェスティバル2017」が5日、東京・台場地区で開催され、八面六臂(ろっぴ)の活躍を見せた。HKT48や兼任するSTU48のステージに加え、MCを務めるフジテレビ系「この指と〜まれ!」(金曜深夜2時)の公開収録や生中継などに奔走、最後は感極まって涙もみせた。また、プロデュースするアイドルグループ、=LOVE(イコールラブ)は初パフォーマンスを披露し、来月6日にメジャーデビューすることを発表した。

 まさに今の指原を象徴するような1日だった。スタートはHKT48で、新シングル「キスは待つしかないのでしょうか?」をファンの前で初披露。アドリブで矢吹奈子(16)に本当にキスをする振り付けを入れて会場を沸かせた。

 すぐさま別会場ステージに移動し、生放送に出演。その後、同会場で「この指と〜まれ!」の公開収録に臨み、STU48や、=LOVEら約90分で計7組のアイドルと共演。初の作詞も担ったアップテンポな曲調の=LOVEのデビュー曲について、同番組で共演する土田晃之(44)から「ファンの方の声が出しやすいようにしたんでしょ?」と問われると「自分がそういう曲が好きなので。最近AKBがそうじゃない分…」と笑わせた。

 夕方には、東京で初パフォーマンスのSTU48のステージに参加。来月29日からの初の瀬戸内7県ツアー開催も発表し、出演した全グループで「初モノ」をそろえ、ファンを喜ばせた。

 今年の第9回AKB48選抜総選挙では3連覇を果たした。HKTとSTUの劇場支配人も務めるなど、アイドルとしての唯一無二の活躍はグループの垣根を越えている。関係者によると、指原と写真を撮ろうと楽屋前にはアイドルらの行列ができたという。また、この日の観客動員数は過去最多となる3万2787人で初めて3万人を超えるなど、指原効果は数字にも表れた。

 HKT48宮脇咲良(19)から「HKTとかSTUとか、どれが一番なの?」と突っ込まれ、すぐさま「お金!」と答えて爆笑を誘うなど、巧みなトークでどんなアイドルとの掛けあいもスムーズにこなした。それでもトリを飾った2度目のHKT48のステージでは「いろいろあったから、こんなにたくさんの人が来てくれて本当にうれしい」と涙もみせた。

 真夏日の猛暑の中、日本一多忙なアイドルが、野外ステージの多い会場をさらに熱くしていた。【松尾幸之介】

 ◆TOKYO IDOL FESTIVAL(TIF) 10年から毎年開催されている日本最大規模のアイドルイベント。東京・台場、青海地区に特設されたステージやZeppダイバーシティなどの会場で、朝から夜までアイドルがライブやトークを披露する。15年まではアイドリング!!!がメインを飾っていた。今年は過去最大の9ステージに3日間で223組が出演。5日は欅坂46やAKB48研究生らが出演し、今日6日の最終日には乃木坂46の3期生も出演。