とても仲の良い美人姉妹で通っている浅田真央(26)と舞(28)だが、過去には仲の悪かった時代があったことも知られている。舞はバラエティー番組などで、「めちゃくちゃ仲が悪かった」と告白、同じフィギュアスケートの選手でありながら、圧倒的に才能豊かな真央へのジェラシーなどを抱えていたのだ。真央は真央で、そんな姉が疎ましく「いなくなればいい」と思っていたこともあったと打ち明けている。

「競技選手からの引退を発表した真央によって、舞は仕事を奪われ、またぞろ確執が再燃する恐れがあるんです」と心配するのは、舞に近い芸能関係者だ。こう続ける。

「舞はフィギュアスケート選手からの引退後、スポーツキャスターやタレントで活躍していますが、真央の姉であることが最大のウリになっています。本人も重々承知でしょうけど、国民的存在の妹がいるからバラエティーなどでお呼びがかかった。その場で誰もが知りたい妹の素顔などを語るから、視聴者は耳を傾けたのです。ところが真央が引退し、今また姉と同じような転身が濃厚となっている。真央本人が自らを語るならば、姉のニーズはなくなるし、フィギュア大会などでのキャスターも、バンクーバー五輪銀メダリストの真央が務めるのであれば、舞のポジションはなくなる。真央にその気はなくても、舞は今とは別の仕事を探さなければならなくなる日が近いのです」

 来年には平昌冬季五輪があり、テレビ各局が真央を巡る争奪戦を繰り広げている。NHKの木田幸紀放送総局長は定例会見で「ぜひ出演していただきたい」とラブコールを送っている。

 放送関係者の話。

「平昌ではかつてのライバル、キム・ヨナが広報大使を務めるし、真央が現場に行けば、盛り上がるのは間違いない。ただ、真央さんのしゃべりには、いささかの不安があることは否めません。ことしゃべりに関しては、舞さんのほうが慣れているし、りゅうちょうなのですから」

 キャスターにしろタレントにしろ、舞には一日の長がある。真央をサポートしたり、姉妹そろって活動していくことを舞も望んでいるかもしれない。仲たがいするよりも、そっちのほうがずっと生産的だし、威力は絶大。姉妹揃って芸能界でトリプルアクセルを決める日は近い。