ひょうきんキャラでミュージシャン、女優、声優、そしてタレントと幅広く活躍中の濱田マリさん(48)。女優開眼のきっかけは、映画監督で日本テレビ役員の水田伸生さん(58)だ。

 ◇  ◇  ◇

「あの……私、妊娠しちゃったみたいなんです」

 1998年の初夏。川崎市郊外にある生田スタジオの一室で、日本テレビでドラマの演出を担当されていた水田伸生さんにこう切り出しました。その年の7月から9月まで放送されたホームコメディー「お熱いのがお好き?」がクランクインしてわずか10日ほど後のこと。私は96年に結婚してたんです。

 番組関係者に迷惑をかけてはいけないと思ってまず報告したのが水田さんでした。するとお祝いの言葉をいただいた後に「詩子さんには文左衛門さんの赤ちゃんを身ごもるストーリーにしていきたい」と思いがけない言葉が返ってきました。

 詩子さんとは私が演じた銭湯の従業員、文左衛門さんは番台担当で先日亡くなられた藤村俊二さんが演じました。最初からそんなあらすじがあったのか、それとも私の報告で瞬間的にひらめいたのかは、お伺いしたことがないのでわかりません。でも、驚いた様子もなく以降のストーリーをうれしそうに話してくださったんです。すごくホッとしましたね。

 当時は芸能界デビューのきっかけとなった所属バンド「モダンチョキチョキズ」が解散、やりたかったお芝居に舵を切って2年目でした。水田さんの演出作品は最初の「恋のバカンス」(97年)に続く2作目。せっかくいただいた役でしたから妊娠を知った時は「どうなっちゃうんだろう?」って不安な心境になっていたんです。もちろん命を授かったのはとってもうれしいですよ。でも、その一方で「みんなに迷惑をかけちゃいけない」って気持ちもあって引け目を感じていました。それが水田さんの一言でパッと全部解消したんです。

 ドラマの終盤には私のお腹も少し膨らんできてストーリーとシンクロするところもあったり、ウエディングドレスを着ることもできて、私にとって思い出深い作品です。

 そして何より水田さんだけじゃなく、スタッフも共演者のみなさんもいろいろとお気遣いくださったのが忘れられません。大げさな言い方になるかもしれませんが、家族のように接してくれました。

 確か、水田さんにはその頃、1歳半ぐらいのお子さんがいらっしゃいましたから、妊婦の苦労や大変さを理解されてたのもあったでしょう。もちろんお芝居の面では甘くはなかったのですが、妊娠したことに負い目を感じず、むしろ楽しく収録することができました。その時に身ごもった娘が4月から女子大生。本当に月日の経つのは早いものです。

■明石家さんまの主演ドラマは“宝物”

 最初に抜擢していただいた「恋のバカンス」は明石家さんまさんが主演でした。私はさんまさん演じる4股男・黛勘九郎の恋人役。10代から憧れの人で極端に言えば神様みたいな存在だっただけに、共演できるだけでもすごいプレッシャーです。それに加え、ドラマの収録は右も左もわからない。そんな新人にとって、最初が水田組だったのはすごくラッキーでした。

 誤解を恐れずに言いますと、「私は怖いモノなし」。本来“怖いはずのモノ”を水田さんやスタッフ、共演者の方々が優しく教えてくださり、怖いと感じることなくお芝居に打ち込めたからです。

 そして、そのドラマが昨年11月の特番「誰も知らない明石家さんま」(日本テレビ系)で、さんまさんが選んだ“マイベストシーン”として挙げられたんです。勘九郎が交際していた4人の女性に問い詰められるシーンで、数々のドラマに出演されているさんまさんが1位に選んでくださった。それがうれしくて改めて「宝物をいただいたな」と思いました。

 あれから丸20年。女優のきっかけをつくってくださった水田さんに心から感謝しています。