松居一代(60)と、その夫で俳優の船越英一郎(57)の泥沼離婚劇が次のステージに入った。船越の誕生日だった21日、船越の所属事務所「ホリプロ」が、松居に対し名誉毀損や業務妨害を理由に、法的措置の準備に入ったと発表したのである。

 ネットを使った松居の執拗な暴言に対し、沈黙を守ってきた船越と事務所だったが、いよいよ“反撃”に出た格好だ。

 そりゃそうだ。これまでの松居の言動はあまりにひどい。ネット上で船越を「バイアグラ男」と罵倒したり、週刊誌上で船越がカツラを数十個持っていることを暴露したりと、個人情報をぶちまけまくっているのだ。船越がMCを務める「ごごナマ」を放送するNHKに対し、抗議するよう呼びかけるあたりは、まさに業務妨害ではないか。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏がこう言う。

「当初、普通ではない松居さんの様子に、船越さんや事務所は気を使い、あえて触れようとしなかった印象です。しかし、松居さんは静かになるどころか、言動は“加速”している。法的措置は、船越さんとしては当たり前のこと。ただし、事態は最悪なシナリオに向かって進んでいる気がします。これで松居さんが収まればいいですが、逆切れでもして、行動をエスカレートさせれば、行きつく先は“破滅”でしょう」

■松居支持者か行動を起こせば…

 松居サイドには、動画制作などを手伝っている「チーム松居」なる支援者たちが存在するという。ネットユーザーの中にも、松居の言うことを丸ごと信じて、支持している人もいるとみられる。

「支援する人たちの中に、松居をいさめるような人はいないと思われます。みな“主従関係”のような形でしょう。芸能界にもほとんど友達がおらず、連絡さえつかない。ただ、松居はカネを持っていて、優秀な弁護士を雇えるし、ネットを通じて人員は集められる。今後、行動が過激化して、NHKやホリプロの前で集団で抗議し、それをネットで中継するようなことも考えられます」(芸能関係者)

 誰にも手が付けられないカオス状態に突入する日がくるかもしれない。