高畑裕太(23)が強姦致傷容疑で逮捕されてから来月で1年――。母親で女優の高畑淳子(62)が一連の報道に対する不満を口にし、波紋を広げている。高畑はテレビでも中継された涙の謝罪会見の後、公ではノーコメントを通してきたが、このほど行われた主演舞台「土佐堀川」の会見後、こう言ったのだ。

「たくさんの方にご迷惑をお掛けし申し訳なく思っていますが、事実でない報道をされて、それをご修正にならないことに疑問を感じております」

 事件は、裕太が群馬県内のホテルで性的暴行しケガを負わせたとされた従業員女性と示談が成立、裕太は不起訴処分となった。これを高畑は納得しておらず、「毎晩2時間ぐらい、1人記者会見をしています。言えないことが多かったので、余計に腹が立つんですよね」などと、まくし立てたのである。では、「事実でない報道」とは、「言えないこと」とは何なのか。ベテラン芸能記者、青山佳裕氏は言う。

「逮捕されたときはそのことを散々報道して、不起訴になってからもマスコミは裕太を追いかけまわしているけど、無実潔白だったじゃないか。傷つけた名誉を元通りにするのは無理にしても、強姦の汚名返上となるような報道がないのはおかしいというのでしょう。ことし4月に僕が直撃したときも、『あんたたちのせいで、あの子の人生が台無しになった。どうして無実の彼を、不起訴になって潔白の裕太ばかり追いかけまわすのよ。まだ私たちのところに来るのなら、同じように相手の女の人と、あの男のところにもちゃんといきなさいよ!』とおっしゃっていた。相当、腹に据えかねることがあるようでしたね」

■愛息・裕太の可愛さ余って

 検察は不起訴とした理由を明らかにしてはいない。裕太の代理人の弁護士は「違法性の顕著な悪質な事件ではなかった」と総括していた。今になって事件を蒸し返すというのは、高畑が何らかの新事実を得たというのか。青山氏の見方はこうだ。

「そういうことはないと思いますよ。きっと裕太が家で自分は悪くない、和姦だったというような言い訳をしているのかもしれません。それを藁をもつかむ思いで高畑さんが信じようとしている。母親にとって息子は一心同体ですから、できるならば、1年経った今でも事件を帳消しにしてやりたい。高畑さん自身、裕太のやったことを今も受け入れることができず、総括できないでいるのでしょう。裕太に言い分があるのならば、会見でもさせて、それを主張させろという意見はあるでしょう。僕もそう思いますが、おそらく事件を帳消しにするほどの材料もなければ情報も乏しく、だから難しい、会見したくてもできないのだと思います」

 裕太は芸能界から姿を消し、近況は伝わってこないが、青山氏が取材した際は自宅に引きこもっているとの情報もあったという。

 そんな愛息を不憫に思う母の悲しみと言いしれぬ怒りが背景にあるようだ。