21日にシンガポールでの法人設立を明かし、世間の度肝を抜いた松居一代(60)。最終的には米国の通販番組で成功することが夢だと語るなど“仕掛け”上手は相変わらず、一見無鉄砲に思えるが、実は綿密な計画があるらしい。

 元銀座のナンバーワンホステスで芸能界のほか、トップ経営者、政治家とも親交のある田辺まりこ氏がこう言う。

「松居さんの一連の行動には段取りの良さを感じていましたが、シンガポール法人設立でより明確になったと思いました。税金対策でシンガポールに拠点を移し、現地の富裕層コミュニティーで情報を得て、さらにお金を増やしていくという典型的な展開を計画されているのでしょう。事務所を構えたシンガポール一のマンションも、ステータス自慢ではなく、お金持ちだけの情報が手に入ることを誇示したかったのだと思います。

■高級車購入も税金対策か

 シンガポールも海外からの法人設立には厳しくなっているので、相当前から準備していた可能性が高いですね。松居さんのような、勘が良くて頭のキレる女性なら“別宅の真相”の始まった11年には、とっくにこのような展開も見越していたはずですから、移住が噂された3年前より、少なくとも6年前には足場をシンガポールに、と考えていたのではないでしょうか」

 06年の「マツイ棒」では総額1億円の印税を稼ぎ出し、タブレットひとつで30億を動かすトレーダーの松居にとって税金対策は大きな課題。自身の還暦祝いに購入した2000万円超のベントレーも税金対策のひとつとの噂もある。

「夢は日本人魂を持って米国でのテレビショッピングを実現させること」というが、この段取りの良さなら米国進出も夢物語ではなし、船越が後手後手になってしまったのも無理はないか。