タレントのグッチ裕三(65)が今週、都内でCS放送の番組を収録。グッチといえば、番組などで絶賛したメンチカツ店のオーナーが自分だったことが発覚して騒動になっていたが、「私の認識不足でした」と謝罪。「(自分の)名前を出さず(店をやっているので)フェアだと思っていた」と弁明した。

 グッチと同じコミックバンド「ビジーフォー」のメンバー・モト冬樹(66)は同日ブログを更新。

「裕三は名前を出さずにその商品で勝負しようとしたわけだからフェアであり別に悪気もない」と擁護していた。

 かつて、同バンドはコロッケ(57)、清水アキラ(63)、栗田貫一(59)とともに「ものまね四天王」として一世を風靡。今回のグッチの一件での対応を見ても2人の絆は不変……かと思いきや実は不仲説が浮上している。

「ここ数年はビジーフォーとしてまったく活動せずにソロ活動が中心。もともと、四天王として活躍していた全盛期に取り分をめぐって揉めていたようです。不仲もたびたびネタにしていたが、ネタではなかった」(芸能プロ関係者)

■フジが狙う「四天王を復活」

 そんな2人にとってある大型企画が進行しているという。しかし、そこでも不仲が“障害”になっている。

「フジテレビが四天王を復活させて、番組やイベントをやる企画が局内で浮上している。四天王の全盛期、フジで放送されていた『ものまね王座決定戦』は視聴率30%を超える同局の看板番組。視聴率が低迷する現在のフジにとっては夢のような復活企画です。ただ、コロッケ、清水、栗田は同意したが、ビジーフォーだけがNGのよう。このままだと企画が頓挫してしまいそうです」(フジ関係者)

 フジが2人の手を取り、電撃和解はあるのか――。