女優の石原真理子(53)が、今月22日に都内のコンビニで弁当とお茶を万引したとして、警察から事情聴取を受けていたとフジテレビが報じている。今後は、窃盗の疑いで書類送検する方針だという。石原は「おなかがすいていたのでとってしまった」などと話しているというから、食べ物も買えないほど、貧困にあえいでいたということなのだろう。

 しかし、過去の栄光からすると、考えられない姿だ。1980年に映画「翔んだカップル」で清純派としてデビュー。83年にはTBS系ドラマ「ふぞろいの林檎たち」で人気女優の仲間入りした。その後、バラエティーなどで見せる破天荒ぶりから「プッツン女優」の名がつけられたが、自身のスキャンダルがあるたびにこの言葉が蒸し返されることになる。あるベテラン芸能記者はこう言う。

「あまりにも言動が予測不能のため、テレビの仕事が減っていった。“プッツン”のイメージがあるから、もちろんコマーシャルの仕事もこない。以前は大手プロダクションに所属していましたが、ついには見放してしまった。93年にヌード写真集を出していますが、おそらくおカネのためだと思います。現在は本当に仕事がなく、貧しい生活をしているのではないか」

 石原といえば、歌手の玉置浩二との仲が有名だ。85年に当時妻子がいた玉置との不倫が発覚したが、結局は破局。その後、復縁したが、また別れてしまった。2006年には過去の男性遍歴をつづった自叙伝「ふぞろいな秘密」を出版し話題になるも、以後、目立った活躍はなかった。

「過去に活躍した大物俳優や女優が、激しい貧困に陥っているケースはよくあります。石原さんが万引した額は、トータルで700〜800円くらいでしょう。それすらも払えないほど苦しいということです。過去の栄光や高いプライドがあるため、素直に頭を下げたりすることもできない。保険や年金もなく、悲しくて寂しい晩年を過ごす役者さんは多いです」(前出の芸能記者)

 何とも切なすぎる事件である。