米倉涼子(41)主演で2004年にドラマ化されたテレビ朝日系「黒革の手帖」。20日に米倉と同じ事務所の後輩、武井咲(23)で17年版がスタートしたが、評判はどうか。

「銀行の借名口座のリストをもとに1億8000万円を横領、銀座でクラブを始める“悪女”元子を武井が演じ切ることができるか心配する声がありましたが、期待以上のデキだと思います。これまでいい人を演じてきた武井ですが、むしろキャラがはっきりしている今回の方がハマリ役では。米倉ほどの貫禄はありませんが、武井の“小悪魔”元子も魅力的。派遣切りした上司にタンカを切るところなど迫力がありました。野心に満ちた瞳がいいですね。初回であっという間にママになるというスピーディーな展開も今の時代に合ってるのでは」(ドラマウオッチャー)

 初回の視聴率は11.7%。スタート前は「武井には悪女は無理」と思われていたせいか、視聴率は伸びなかったが、27日の2回目は12.3%とアップ。今後は右肩上がりの可能性もある。

「奥田瑛二、滝藤賢一、高嶋政伸、伊東四朗、高畑淳子、真矢ミキ、江口洋介といった癖のある役者が脇を固め、武井をアシスト。先輩方の胸を借り、武井も思い切って悪女を演じられるのでは。これから本格的な金絡みや女絡みのドロドロの展開になるのも楽しみ」(同)

 米倉が女優として大きく飛躍したのは、「黒革の手帖」がきっかけ。米倉版「黒革」は平均15%を超え、最終回は17.7%を記録した。

 果たして武井が米倉に迫れるか、はたまた混戦模様の夏ドラマで抜け出すことができるか、これからが正念場だ。