31日「バイキング」(フジテレビ系)に出演した大沢あかね(31)が元SPEEDの今井絵理子議員(33)のゲス不倫報道について言及。

「純愛アピールが気持ち悪い」とバッサリ。「一線を越えてないし、こんなに2人が愛し合ってるんだからいいじゃん、ご理解いただけないと思いますが認めてくださいよ、みたいなアピールがちょっと気持ち悪い」とコメントし、ネットでは「よく女性の気持ちを代弁してくれた!」と大絶賛。自身の家庭について問われると、「週刊文春、週刊新潮さん、ぜひ、劇団ひとりを追っていただきたい!」と爆笑をさらった。

■嫁姑関係も良好

 大沢は2009年に劇団ひとり(40)と結婚し、10年に長女、16年に長男を出産。「義理のお母さんが面倒見てくれているので、産後すぐ仕事復帰できているそうです」(テレビ関係者)。義理の母が子供の面倒を見ているのは一般家庭でも少ない中、芸能界ではもちろんレアケース。元CAでマナー講師をしているという姑との関係はかなり良好といえるだろう。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「大沢さんはタイムリーなキーワードを入れて笑わせながら、家庭が安泰であることも伝え、非常に頭の回転が速い。お姑さんを味方につけているあたりはおじいちゃんの大沢啓二さん(享年78)譲りの“采配センス”でしょう。さらに劇団ひとりさんへの浮気抑止力にもなっているところもさすがです」

 夫のひとりに“ゲス不倫”の心配がない(!?)だけに、ますますニーズが高まりそうだ。