疑惑を打ち消すには至らなかった。週刊文春で50代開業医との不倫が報じられた女優の斉藤由貴(50)が3日夜、都内で記者会見を行った。

 マンションで密会と報じられた医師については「家族みんながお世話になっているお医者さん」と話したが、手つなぎ映画デートについてリポーター陣から突っ込まれると、「実はあまり記憶がなくて。すごく一瞬のこと」と釈明。「私にとってはアドバイザーであり、子供のことなど相談できる人」と話した。

「質問をのらりくらりとポイントをずらして、核心部分についてはぜんぜん語っていません。会見を見た一般の人はどう判断するのか。関係を否定してもしきれないでしょう」(芸能リポーター・川内天子氏)

 今回で自身3度目の不倫報道となった斉藤。女優としては目下、絶好調だが、50を過ぎて忘れていた魔性の血が再びたぎり始めたとしたら離婚一直線か。