いまや人気俳優のひとりだ。満島真之介、28歳。この夏公開の映画「STAR SAND―星砂物語―」(ロジャー・パルバース監督、4日〜)では、太平洋戦争末期、戦火を逃れ、洞窟に身を隠す日本人の脱走兵を演じた。物語の舞台は沖縄・伊江島。沖縄出身である満島は、自らのルーツと向き合うことになった。

「僕はこれまで沖縄を舞台とした作品に携わったことはほとんどありませんでした。役者というより、ひとりの人間として、まだ太刀打ちができない、生半可な気持ちで触れられないと思っていたんです。それが、昨年、ロジャー監督から話をいただいて“今”だなって思いました。アイデンティティーと向き合い続ける日々の中で、挑戦する勇気が湧いてきていた時だったんです。表現者としてもいい軌道に乗ってきたタイミングというのもありました。沖縄から離れ、外から見ていた故郷にもう一度向き合いたい、映画という希望の詰まった場所から何かを提示できるかもしれないと感じたんです」

■「あの戦争がなければ、僕は存在しない」

 10代の頃から自らのアイデンティティーと葛藤し続けてきた。奄美出身の祖母と米国人の祖父が出会って結婚し、父親が生まれた。そして、いまの自分がいる。「あの戦争がなければ、僕は存在しない。日本人として生きているけれど、米国の血も入っている。はざまに立つ立場」に複雑な思いを抱いていたという。

「物事は一筋縄ではいかないし、一本線で語れるものでもない。良し悪しではなく、すべては自らの運命なんだと受け入れなければなりません。ただ、僕は、沖縄で生まれ育って、沖縄という土地と人びとに育ててもらいました。それを今後、どのように恩返ししていけばいいのか。20代半ば頃からそうずっと考えています。これから先、特に3年後の東京五輪以降は、外国人と触れることが当たり前になってくるでしょう。僕ら過渡期に生きる世代として何か残していきたい」

 デビューから7年。俳優になる前は、映画の助監督。その前は保育士だった。経歴は異色である。女優で姉の満島ひかりの影響があったのかと聞けば「姉は、僕が生まれた時から姉なので」と首を横に振る。

「瞬間、瞬間を衝動のままに全力で生きる子供たちに触れたくて学童保育で働き始めました。当時も今も僕は“素直に誠実に生きる”ことを大切にしています。ひょんなことから役者の道に進みましたが、その時の自分は一度きりしか出会えない。人生は瞬間の積み重ねであって、根本や外見は何も変わっていないんだけれど、自分の中では確実に何かしら変化が日々起こっている。愛をもって向かい合い続けながら、これからも歩んでいきます」