テレビ東京にとっては、路線バス、卓球、テニスに匹敵する“お宝コンテンツ”となるかもしれない。先月29日に生中継された「第40回隅田川花火大会」が、なんと、平均視聴率2ケタの10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)をマークしたのだ。

 同じ時間帯では、日テレ系「天才!志村どうぶつ園」が11.0%、同「世界一受けたい授業」が11・1%、テレ朝系「池上彰のニュースそうだったのか!!2時間スペシャル」が11.7%を記録。こうした人気番組に並ぶ形での“2ケタ視聴率”に、テレ東局内は大騒ぎだ。視聴率が判明した先月31日の朝9時には、局内に万歳三唱がとどろいた。

 しかも、番組制作費が3倍以上かかっているTBSとフジテレビには圧勝していて、これにはスポンサーも腰を抜かしたという。

「制作費1億円を投入したTBS系『炎の体育会TV SP』が8.6%。フジ系『クイズ!金の正解!銀の正解!』が4.5%、同『めちゃ×2イケてるッ!』が5.1%で、制作費はそれぞれ3000万円〜。ちなみに、テレ東『隅田川花火大会』の制作費は全て込み込みで900万円〜だった。その中で一番おカネが掛かっているのが機材と人件費で、花火の放映権料などは他のスポーツコンテンツに比べれば驚くほど安いんです」(民放編成関係者)

 しかし、花火大会当日はあいにくの雨。40回目の今年は例年より2000発多い2万2000発が打ち上げられたが、これが高視聴率の主な理由とは考えにくい。テレ東関係者がこう言う。

「中継が始まった午後7時ごろから、かなり激しい雨が降った。それでも、打ち上げ花火は行われた。『雨でも花火は打ち上がるのか?』という視聴者の興味が、高い視聴率につながったという見方が有力です」

 花火コンテンツのうまみを知ったフジテレビは「テレ東に倣い花火大会の中継企画を模索し始めた」(フジテレビ関係者)という。テレ東としては、来年も“恵みの雨”が降ってほしいのではないか。