コラム【今あるのはあの人のおかげ】

 子供の頃から憧れはUWFに入門すること。ところが、何度、願書を出しても書類選考で落とされて、やむにやまれない気持ちで上京したのが16歳の時。直談判も2回したけど、まったく相手にされず、落とされ続けました。だから、入門するために必死でした。

 そんなある日、意を決して3度目の正直で道場に行ったら、めったにお目にかかれない藤原組長がいらして、練習後にちゃんこを食べていた。そして「おう! 坊主もこっち来いよ」と気さくに声を掛けてくれたんです。あの時はものすごく緊張しました。でも、UWFに入りたいと伝えるのは今しかない、入門のチャンスだと思って「入門テストを受けさせてほしい」と懇願しました。

 酔っていて気分がよかったんでしょうね、組長が「今からテストしてやる」と。それからちゃんこの鍋にフタをしてグズグズ煮始めた。「後ろを向け。今からおまえの背中に大根をのせる。もし熱さに耐えられたら入れてやる」って。当時、テレビで熱湯に入るバラエティーもあったけど、その時の組長は一切、手加減なし。ほんとに鍋から熱々の大根をつまんで背中にのせたんです。こっちは入門するために大まじめで「熱い」とも言わずに執念で我慢!

 それを見た組長が「ホントに根性あるな」と認めてくれて10日後に入門テストを受けることができ、憧れのUWFに入門することができました。

 それからは厳しいトレーニングの毎日。体が小さく身長はUWFの規定の180センチ以下。とにかくしごかれました。スクワット1000回は当たり前で、自分の汗で目の前に水たまりができるくらい。本当に殺されるんじゃないかって思いました(笑い)。実際せっかく入門したのに、毎日の特訓が厳しすぎて夜逃げする人もいました。それが1年2カ月続いてやっと90年8月にデビューすることができました。

 場所は横浜アリーナ。毎日の厳しい特訓に耐え抜いて残ったのは結局、僕と冨宅飛駈だけ。新人同士でデビュー戦を戦いました。

 ところが、やっとデビューしたのに4カ月後にUWFが解散。僕はUWFインターナショナルに所属することになり、組長と稽古することもなくなり、バラバラに。それが今までの長い間、とても心残りでした。

 そして組長と再会したのが2年前。悪性リンパ腫で闘病中の僕を応援してくださる方が有志で開催した試合「カッキーエイド」に出演してくださった。その時は「大丈夫だ。おまえの目を見ればわかる。がんになんか負けるなよ」と励ましてくれました。医師に悪性リンパ腫のステージ4といわれた時は正直言ってうろたえました。もしかしたらこのまま死んでしまうのかなって。組長も胃がんを克服された経験をお持ちなので余計にありがたさが身にしみました。

 それから1年3カ月抗がん剤の治療。その後は気分的にも体力的にも攻めに転じたいと思って力が湧いてきました。リングに上がるぞ! 元気な姿を見せるぞ! って。そんな時にちょうど大日本プロレスの登坂社長から「うちのリングを使って復帰戦」との話をいただきました。8月14日に復活戦、スパーリングマッチをやることになりました。しかも、藤原組長にお願いをして対戦相手になってもらうことになったんです。

 組長にお願いする時はドキドキものでした。だって、入門のきっかけをつくってくれた方で雲の上の存在です。なのに電話をしたら、二つ返事で快諾してくれた。感謝、感謝です。

 本当のところ、医者から激しい運動を止められています。だから、スパーリングなのですが、それでも前代未聞の「無制限」。1分で終わるかもしれないし、1時間続くかもしれない。でも、念願かなってついに“関節技の鬼”と呼ばれた藤原組長と対戦できる。気合入っています!