元SMAPメンバー3人の独立、滝沢秀明(35)と今井翼(35)の「タッキー&翼」のデビュー15周年での活動休止と続くなか、ジャニーズ事務所の人事、とりわけ幹部人事の行方が芸能界で取り沙汰されている。ジャニーズの内情に詳しい関係者が言う。

「副社長のメリー喜多川の娘の藤島ジュリー景子派と、SMAPを率いた元チーフマネジャーの2大勢力の争いは、メリーが元チーフマネジャーを追い出して決着。以降、ジュリー派が後継として事務所の実権を掌握しています。ジャニーズの場合、経営陣にタレントが絡んでくる。業界では、ジャニーズをヤクザ組織になぞらえる見方があり、東山紀之が若頭、オジキが近藤真彦。次の世代を担う若頭補佐とみられているのが滝沢で、今回の活動休止によって滝沢は大幹部への道を確定させ、その一歩を踏み出したともっぱらなんです」

 今井とのデュオ「タッキー&翼」活動休止の背景には、滝沢と今井の不仲などが報じられているが、広告代理店のイベントプロデューサーはこんな見方をする。

「興行として集客を見込めないからではないでしょうか。この2人で新曲をリリースしても、シングルCDランキングで初登場1位を狙えるところまではいかない。コンサートをやっても、ドームは満員にできないだろうし、日本武道館でも不安が漂う。ただし、それぞれソロで、小規模の舞台や公演をやれば日生劇場であれ新橋演舞場であれ、興行として十分に成り立つ。この2人のファン、とくに滝沢ファンは上品というか、公演中に何度も劇場に通ったりはしないのですが、1回は静かに見ようという女性が多いんです。滝沢をソロにすることでジャニーズは活動の幅を広げさせたいのでしょう」 

■事務所の内紛決着と後継問題

 そのひとつが幹部候補としてのトレーニングということか。芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「滝沢さんは自分より若いタレントの面倒見が良く、相談に乗ったり、舞台でコーナーをつくったりと、育成にも前向きなことで知られています。東山さんが背中で引っ張っていくタイプといいますか、舞台などの際には集合時間の1時間前には来て、腹筋500回を当然のようにやっていたりするのに対して、滝沢さんは人柄と人望で包み込むタイプ。タレント活動のみならず、演出家やプロデューサーのような役割も併せ持っていますから、将来は幹部という道が敷かれているなら十分対応していくでしょう」

 芸能界で一大勢力を誇るジャニーズ一家。もっとも、前出の関係者によると、ジャニーズには元SMAPチーフマネジャー派の流れをくむ中居正広もニラミをきかせており、決して一枚岩ではないという。組織のトップであるジャニー喜多川社長(85)、メリー副社長(90)の年齢的な問題も懸案事項なのは間違いないだけに、幹部に登用された滝沢の双肩にのしかかる責任は重い。