下馬評が高かったドラマ「黄昏流星群」だが、初回視聴率は7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第2話も7.3%と低空飛行が続いている。その原因のひとつはヒロイン、中山美穂(48)への不評。

 ジャニーズWESTの藤井流星演じる娘の婚約者と禁断の恋に落ちる母親役なのだが、SNS上では「イケメン弁護士が思いを寄せるほどの“魔性の女”には見えない」という意見がもっぱらなのだ。

「ジャニーズの藤井流星との濃厚なラブシーンがあると予測されるため、嫉妬するファンの悪口も多いとは思うが、確かに“劣化”と言われても仕方ない面もあった。このドラマ出演に備えて高級エステに通い、バストアップやヒップアップを含めた全身施術を受けたそうですが、共演する黒木瞳、麻生祐未、八木亜希子の50代トリオが美しいだけに、余計目立ってしまった感があります」(芸能ライター)

 それでもドラマ自体に共感できれば視聴者はついてくる。ところが、主演の佐々木蔵之介が黒木瞳と恋に落ちる演出もお粗末。あまりに偶然が重なりすぎるうえ、美人秘書からの熱い視線も断るエリート銀行員が、黒木には積極的に迫る理由が示されない。なにより突然旅に出た先がスイスのマッターホルンというありえない展開でしかもその映像がお粗末な合成CG。ツッコミたくなるシーンが満載すぎた。

「もはやミポリンの濡れ場しか注目ポイントはない」とまでささやかれ始める始末である。

 作家の辻仁成と離婚、その直後に音楽家との交際を公表したため、中山には“子供を捨てた母親”というイメージがついて回り、好感度は最低。しかも、その音楽家とも破局したといわれている。5月には主演映画「蝶の眠り」が公開されたが大コケして、女優としても崖っぷちといってもいい。起死回生のためか、今ドラマでは「かなり大胆なラブシーンも承諾したといわれています」(テレビ関係者)。

 腐ってもミポリン。際どいシーンや大胆濡れ場には、まだまだ需要はあるはず。視聴者に見捨てられる前に、ミポリンの意地を見せてほしい。