どこまで下がってしまうのだろうか――。6日に放送された、石原さとみ(32)主演のドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」(TBS系、夜10時)の第5話の平均視聴率は7.8%だった。第4話の10.0%から2・2ポイントの大幅ダウンだ。

 視聴率が下がった理由として、コラムニストの桧山珠美氏は「石原さんの高飛車キャラとファッションショー的な演出に視聴者は飽きたのでしょう。また、出演者の頭から出る幽体離脱のようなCGなど余計な演出もスベっています」と指摘する。

 ネット上でも、〈つまらない〉〈見るに堪えない〉〈オチが想像つく〉と否定的なコメントが目立つ。

 石原は、7月9日の初回放送前に動画配信サービス「SHOWROOM」の前田裕二社長との破局報道が流れ、話題性は抜群だった。ところが、視聴率はパッとせずで、「石原にとって悪夢の再来があるかもしれません」と、芸能プロ関係者がこう続ける。

「同じホリプロ所属で長女的存在の深田恭子(36)、次女の綾瀬はるか(34)、三女の石原が、お互いに強烈なライバル心を持っているのは周知の事実です。2018年7月期には石原が『高嶺の花』(日本テレビ系)、綾瀬が『義母と娘のブルース』(TBS系)で主演し、直接対決。結果は『高嶺の花』が平均視聴率9.5%、『義母と娘のブルース』は14.2%で綾瀬の完勝でした。打ち上げの席で石原は『悔しい』と涙を流したそうです。今回は深田との直接対決。石原にとっては“リベンジ”のはずだったんですが……」(芸能プロ関係者)

「Heaven?――」のこれまでの平均視聴率は9.3%。石原と同じように不動産会社「シーラホールディングス」の杉本宏之会長との熱愛が話題になった深田主演の「ルパンの娘」(フジテレビ系)は7.5%。現時点では一歩リードしている石原だが、ウカウカしていられない状況だ。

「逆転は十分にあり得ると思います。お互いにコメディータッチのドラマに出演していますが、グイグイいく責めキャラの石原さんより、癒やし系でゆるキャラの深田さんの方が役柄にマッチしているので、見ていて違和感がありません」(桧山珠美氏)

“2連敗”だけは避けたい正念場の石原。巻き返しに期待だ。

(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)