先週、「週刊文春」に慶応大学時代の同級生との“ベトナム婚前旅行”を報じられた嵐・櫻井翔(37)。1月23日発売の同誌によれば、2人はベトナムから帰国した翌日にハワイ旅行にも行き、すでに櫻井の自宅で同棲生活もスタートさせているという。周辺からはグループ活動休止直後の2021年にでも結婚するのでは、という見方が浮上している。実父が元総務省事務次官で、本人も慶応幼稚舎出身の“セレブ”だけに、さぞかし盛大な結婚式が開かれるのであろう。

 もっとも、櫻井を知る業界関係者の中には「このまま順調に行くんですかね……」と首を傾げる向きもある。結婚を目前にして、櫻井がこの同級生の前から逃げ出してしまうのではないかという危惧も出ている。

 櫻井が関係者たちから“決断のできない男”のレッテルを貼られるきっかけとなったのが、今から3年前に発覚した元テレビ朝日のアナウンサー・小川彩佳(34)との交際だった。2人は双方の両親にお互いのことを紹介し、将来の結婚を前提にした交際であることを確認したにもかかわらず、結婚を迫る小川に対し「何年も君を待たせるのは忍びない」と櫻井が土壇場で逃げたエピソードがある。「自分はアイドルだから簡単には結婚できない」という理由はもっともらしく聞こえるが、小川との結婚は櫻井の父親も賛成だったと聞く。その気がないなら、最初から思わせぶりな言動は慎んだ方がいい。優柔不断と言えば聞こえはいいが、“煮え切らない”櫻井の本性が垣間見えた瞬間だった。

■櫻井の関連グッズがフリマアプリに出品

 昨年11月に電撃結婚は発表した際、二宮和也(36)は「ファンを軽視している」と嵐のファンから総スカンを食らったというが、櫻井も同様のパターンになりそうだ。文春のベトナム婚前旅行の報道後、ネット上には思いのほか祝福コメントがあったというが、一方でファンクラブの事務局には「別れないならファンをやめる!」という電話も複数寄せられたとも聞く。これは二宮の結婚時でも見られた現象だが、婚前旅行報道の直後からフリマアプリに櫻井の関連グッズが大量に出品され続けている。理解のあるファンばかりではないということだ。

 このまま順風満帆に事が進めば、2021年早々にも結婚という流れになるのかもしれないが、かと言って櫻井が小川アナの時のように「やっぱりや〜めた!」とでも言い出したら、それはそれで今後のソロ活動にマイナスの影響を及ぼすことが避けられないだろう。

 嵐の活動休止後を睨んで、櫻井のもとには早くも複数のオファーが殺到しているといわれているが、元同級生とは結婚しても別れてもタレント生命にはマイナス。致命傷にならないことを祈るばかりだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)