昨年3月、27年間在籍したオスカープロモーションから独立して、個人事務所を立ち上げた女優の米倉涼子(45)。

 独立後は、「2020年 年間タレント別テレビCM出稿量(秒数)ランキング」(ビデオリサーチ)で首位を獲得。今年は、主演を務めるNetflixオリジナルドラマ「新聞記者」も配信予定など、一見、順風満帆に見えたが、その先行きは不透明と業界では囁かれていた。

 そんな米倉に、全シリーズ平均視聴率20%超えの自身の代表作であるドラマ「ドクターX」の新シリーズ制作内定の話が持ち上がっている。「週刊女性」が伝えるもので、すでにレギュラー俳優陣のスケジュールが次々と押さえられているという。

 記事によれば、その道筋を付けたのは、前事務所で長年米倉のチーフマネジャーを務めていた男性。この男性が今年に入って米倉の個人事務所に合流。米倉は、3月27日に放送された「サワコの朝」(TBS系)に出演した際、「最近、(事務所に)助っ人の子が来てくれた」と語っていたという。

■「楽天モバイル」の印象しかない

 米倉は、特定の役柄のイメージがつくことを嫌って、“大門未知子”役を封印し、「ドクターX」は二度と制作されることはないとされてきた。しかし、ここへきての急展開。背後には何があったのか。テレビ局関係者はこう言う。

「すでにお茶の間では、米倉は『楽天モバイル』でやたら声を張り上げている女優という印象しかない。テレビを主戦場とする女優の場合、地上波ドラマに2年出演していないと“消えた”といわれる世界です。ネトフリの『新聞記者』はそれなりに話題になるでしょうが、このままでは、CMが先細りしていく可能性もある。実は、テレ朝サイドは、昨年秋のドラマ『七人の秘書』に米倉を出演させ、その見返りに『ドクターX』を制作する予定だったが、その話も米倉の意向で流れてしまった。しかしフタを開けてみれば、『七人の秘書』は高視聴率だった。そんな事情もあり、慌てた米倉は、続編制作を熱望するテレ朝の意向をついに受け入れ、『ドクターX』出演をのんだようです」

 さらにもうひとつ。

「いまだ会員数が伸び悩んでいるといわれる米倉のファンクラブ『よねさんち』の存在です。公式サイトでは、2月8日以降、『NEWS』の更新もされていない。やはり地上波ドラマでの出演を抑えると厳しいということを再認識したのではないでしょうか」(前出のテレビ局関係者)

 独立から1年。軌道修正して、「私、失敗しないので」を盤石のものにできるか――。