【芸能界クロスロード】

 ドラマ界は脇役ブームが続いている。数々の作品に起用されるうちに「この人いい俳優ね」と主役並みに注目度が増し、やがて主役にまで上り詰める。ムロツヨシ、田中圭は今や引っ張りだこの人気を誇るまでになった。

 3月24日に亡くなった田中邦衛さん(享年88)は昭和を代表する名脇役だったが、今の時代とは色合いが違う。加山雄三の「若大将」や高倉健の「網走番外地」などシリーズを通してこれほど存在感を示した脇役はいない。

「邦衛さんがいてこそ主役が生きていた。他の俳優では務まらない絶対的なキャラがあった。邦衛さんなくしてヒットはなかった」と映画関係者は話す。

 田中の特異まれなキャラを見抜いた脚本家の倉本聰が起用したドラマ「北の国から」で主役に抜擢。田中の代表作となった。

「監督が俳優を育てた」といわれた昭和の映画全盛期。黒沢明監督と三船敏郎、山田洋次監督と渥美清に次ぐ倉本・田中のコンビだった。

 晩年は体調を崩したこともあり、仕事から遠ざかり家族と共に静かに暮らしていた。高倉健さんが亡くなった時もコメントを求めて自宅に取材に行くメディアもあったが、田中さんの時も同じだった。おそらく取材対応は初めてだった奥さんの丁重に断る対応に感服する記者もいた。それほど田中さんの私生活はベールに包まれていた。

「シャイで不器用」といわれた田中さんの俳優一筋人生を誰もが称賛する。

 今年2月に喜寿を迎えた高橋英樹も昭和を代表する俳優だったが、突然、「俳優引退」話が報じられた。高橋は即座に「引退なんてことはまったく考えていません」と否定。俳優への意欲を示していたが、「この人俳優だったの。タレントかと思った」という若者も少なくない。娘・真麻とツーショットでイベントに出てくることも多く、最近は真麻に生まれた初孫にデレデレの様子も伝えられる。一世を風靡したテレビ時代劇「桃太郎侍」のイメージもすっかり薄れてきている。

「日活時代から主役を務めてきた方。なかなか適役も難しいし、オファーするのも二の足を踏む」と高橋の全盛期を知らない現場の声。往年のファンは「あの凜々しい演技を見たい」という人もいる。俳優復活が待たれる。

 ドラマもテレビも今や若手の俳優が独占する時代。俳優とタレントを兼ねて仕事をする人が増えてくると思うが、俳優一筋の人がますます少なくなるのは寂しい限りだ。

 その点、ソロ活動の歌手は応用が利く。“ゴッド姉ちゃん”と呼ばれた和田アキ子もすでに古希。4月から心機一転、レコード会社を移籍し「90歳になって歌っていたら、かっこいい」と意欲を語った。「ブルースを歌わせたら日本で屈指」といわれるが、最近はヒット曲に恵まれず5年前には常連だった「紅白」にも落選した。

 それでもタレントとしての存在感は依然として健在だが、タレントの肩書も年齢的にそろそろ限界を迎える。人生の最後の花道を歌手として飾りたい意欲がうかがえる。

 田中邦衛さんが亡くなり、昭和を代表する高橋・和田の今後の生き方が改めて注目される。

(二田一比古/ジャーナリスト)