コロナ禍で再開してからの歌舞伎公演は、上演時間1時間前後以内という制約から、舞踊劇や一幕で終わるものばかりが上演されてきた。それはそれで満足のいくものもあったが、やはり物足りなかった。

 2月も玉三郎と仁左衛門は鶴屋南北の「於染久松色読販」を上演したが、通しではなかった。だが、これで2人は手応えを感じたのではないだろうか。「桜姫東文章」の、仁左衛門・玉三郎での上演が、1985年以来、36年ぶりに実現した。

 長い芝居で、2人の年齢を考えると体力的にもう無理と思われていたが、コロナ禍での上演時間の制約を逆手にとって、4月は前半だけ、後半は6月に上演する形だ。「仮名手本忠臣蔵」のように長い芝居を昼の部・夜の部の通しで上演することはよくあるが、このように月を越えての上演は、たぶん前例がない。「仁左衛門・玉三郎で桜姫」と発表されると同時にツイッターには歓喜の声があふれ、チケットは完売のようだ。

 もともと鶴屋南北の作品は人間関係が複雑で突拍子もない筋立てのものが多いが、なかでも「桜姫東文章」は、お姫様が女郎になるという、破天荒な物語。

 玉三郎の桜姫は、仁左衛門演じる高貴な僧が、彼女に夢中になり堕落していくことを観客が納得するだけの魅力がなければならないし、仁左衛門のもう一役の権助は悪人だが、桜姫が夢中になり女郎に落ちてもいいとなるほどの魅力ある男でなければならない。

 2人がいつまでも若く、演技力も申し分ないのは、いつものこととはいえ、改めて奇跡と思う。

 舞台の上での2人の若さはそれだけでも驚異的だ。その外見の若さに、半世紀にわたり共演してきたことでの蓄積が加わる。舞台を見ているのだが、40年前の舞台が巨大モニターに映し出されているようでもあり、さらには江戸時代の芝居を見ているかのような気分にもなり、時空を超えた体験となる。

 日本有数の上品な劇場である歌舞伎座だが、今月の第三部の舞台には、極上の華麗なる美だけでなく、頽廃と猥雑さも満ちていた。これこそがコロナ禍のこれまでの歌舞伎公演に欠けていたものだった。まだ元の日常には遠いが、この非現実的な芝居は、非日常と化したおかげでの変則的な上演形態でこそ可能となったことを思えば、まさに禍転じて福となすだ。

(作家・中川右介)