ドラマや映画では、時にメインキャスト以外から、視聴者に熱い支持を受ける“愛されキャラ”が現れることがある。どうやら現在放送中のTBS日曜劇場「ドラゴン桜」第2シーズンでも、その現象が起きているようだ。意外な愛されキャラとは、初回で阿部寛(56)演じる主人公・桜木健二とやり合ったヤンキー2人組、小橋(西山潤=22)と岩井(西垣匠=21)である。

 登場してすぐは長めで派手な髪色の2人だったが、数分後には丸刈り姿に。丸刈りとほぼ眉なしのせいか、チャラ男風から一転、いきなり極悪顔へと変身して視聴者の目をさらった。

「髪と眉で人相ってこんなにも変わるもんなんだと、驚きましたよね。ドラマ内で丸刈りにしたり、これでもかと桜木をバカにし、陥れようとしたりとインパクトあるシーンの連続で、ヒール役をひるまず堂々と演じたのはあっぱれでした。と思えば、第2話では桜木のために影で動く子分のような存在に大変身。表情にも愛嬌が加わり、目が離せないコンビとなりました」(テレビ誌ライター)

「ドラゴン桜2」関連のネットニュースにも、小橋&岩井のヤンキーコンビについて語るコメントが目立っている。〈あの2人はなんか憎めない〉〈ドラマのいいスパイスになっている〉〈ヤンキーコンビにも東大専科に入ってほしい!〉などなど、気に留めている視聴者はかなり多そうだ。

「小橋役の西山さんは小学校の頃から子役として活躍する俳優さん。映画『20世紀少年』では幼少期のケンヂを演じていました。一方、岩井役の西垣さんは慶応大学在学中の“ミスター慶応”で、2021年1月期のドラマで俳優デビューしたばかり。本来、顔立ちは似ていないお2人ですが、背格好や丸坊主と眉のせいか、『ドラゴン桜2』ではよく似た雰囲気を醸し出していますよね。そこがまたコンビ感があっていいのかも」と話すのは、ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏。

 西山と西垣は自身のインスタグラムで自らを“西西コンビ”と名づけており、いずれもツーショット写真をアップしたり、また、5月12日には西山が西垣のTikTokに出るなどして、コンビアピールにも余念がないようだ。

「番組側が発表している東大専科の生徒役に“小橋&岩井”の名前はありませんから、残念ながら“西西コンビ”が東大を目指すことにはならなさそうです。でも、この人気ぶりですから、制作サイドも今後コンビの見せ場を増やすなどは考えているかも。東大専科のメンバーより一足早くその演技と際立ったキャラが話題になったことは予想外ですが、でもそれが連ドラの面白いところでもあるんですよねえ」(前出の山下氏)

 前作「ドラゴン桜」では、生徒役を演じた俳優がその後、芸能界で大きな飛躍を遂げたことで知られている。 早くも人気者となった“西西コンビ”も、前例に倣ってスター街道を走り出してほしい。