【桧山珠美 あれもこれも言わせて】

 映画や舞台の告知に加え、番組の改編期で番宣の場と化しているバラエティー。目立つのが木村拓哉で映画「マスカレード・ナイト」の宣伝で出まくっている。

 だが、どの番組も「キムタク様降臨」という雰囲気は否めず、周りの出演者たちの気遣いが痛々しいほど。ファンはともかく一般視聴者はちっとも楽しめやしない。そんな状況が果たして番宣として成功しているのかは甚だ疑問。キムタクがこだわりの納豆の食べ方を紹介したところで、「映画」を見ようかという気になるとも思えない。

 その点、映画「護られなかった者たちへ」の佐藤健はキムタクとは違った。佐藤といえば、泥酔した前田敦子を抱っこしていた週刊誌報道のインパクトが強烈過ぎて、なんかいけ好かないヤツと勝手なイメージを持っていたが、たった1時間のトークでそんなイメージは吹っ飛んだ。一対一のガッツリトークでこれまでわからなかった佐藤の話しぶりから態度、人柄までわかった。そういうことなら映画も見てみようかとなる。

大手事務所アミューズから独立

 番組は10日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)。佐藤は今年、神木隆之介とともに所属事務所アミューズから独立したのは有名だが、それも単なるわがままではなく、自分たちのやりたいことが明確にあり、それを実現させるためのステップだったということ。それで20代前半から中盤は仕事を抑えていたとか。

「ここぞという時に出ていく」ために「『出ない』というブランディングをしていたから」とし、「自分がさらに上のステージに行けるって思える作品じゃないと出ないって決めていて」と語った。

 ジャニーズ事務所を独立した中居も、佐藤に遠慮がないのか「(共演)相手を好きになっちゃう?」と聞くと、「好きになれたら、もうその作品は役づくり完了ですよね」。

 さらに「基本的には好きになれるようにお互いすると思います、ラブストーリーは。そうしないと芝居できない。そうなった瞬間、芝居がめちゃくちゃ楽になる」とファンが聞いたら卒倒しそうなコメントも。

 なんでもタブーなく話す佐藤に中居は「独立してフットワークが軽くなったのかな?」と感心している様子だった。

 ちなみに先週はトーク企画がおしなべて面白かった。「あさイチ」(NHK)の町田啓太、「A-Studio+」(TBS系)の真栄田郷敦、「土曜スタジオパーク」(NHK)の小林薫、「日曜日の初耳学」(TBS系)のムロツヨシ……などなど。

 コロナ禍。面と向かってコミュニケーションを取ることが難しい時だからこそ、トーク番組が際立つということか。

(桧山珠美/コラムニスト)