「第46回日本アカデミー賞」の優秀賞と新人俳優賞が23日発表され、妻夫木聡(42)が主演した「ある男」(石川慶監督)が最多12部門で13の優秀賞を獲得した。

 芥川賞作家の平野啓一郎氏(47)の小説を映画化した作品で、死後に別人と判明した男の身元調査を依頼された弁護士が、他人として生きた男の真実を追う物語。第79回ヴェネチア国際映画祭にも出品されるなど、早くから高い評価を受けていた。SNSなどでは、優秀賞獲得のニュースに対して、《当然だろう》、《「必ず涙する」という映画の宣伝コピー通りの良い映画だった》との好意的な受け止めが多数を占める一方で、散見されたのが、妻夫木が現在、出演している連続ドラマ「Get Ready!」(TBS系)に対する微妙な反応だ。

《ほらね、妻夫木さんは偉大な役者だよ。それなのにドラマではね…》、《日本アカデミー賞受賞の名優をあんな中途半端な立ち位置にしていいの?》

「Get Ready!」は、表の顔はパティシエ、裏の顔はどんな難手術も成功させる凄腕の外科医という妻夫木演じる波佐間永介と、法外な治療費を要求しつつ患者と交渉する下山田譲(藤原竜也=40)らが登場するドラマだ。

 22日放送された第3話は、平均世帯視聴率が10.3%(関東地区=ビデオリサーチ調べ)となり、第1話、第2話に続いて10%台を維持しているのだが、その設定に混乱している視聴者も少なくないようだ。

 SNSなどでは《なぜか医療チームの皆が仮面を装着して登場し、あ〜だ、こ〜だという、よくわからない設定》、《そろって名優の妻夫木さん、藤原さんの良さがちっとも出ていない。“飼い殺し”ドラマ》、《ストーリーがトンチンカン過ぎる。藤原さんが交渉人となった理由も深い意味があるのかと思いきや、えっ、それだけ?という感じ》、《藤原さんと妻夫木さんに仮面かぶせてどうするの。俳優は表情も含めて演技。一流俳優だよ》といった指摘が出ている。

 いずれにしても、今後ますます妻夫木らに注目が集まるのは間違いない。