参院選に当選後もドバイに滞在し、国会に一度も出席していないガーシー議員に、与党が懲罰を科すよう要求。ガーシー議員が主張している3月上旬の帰国を、参院の議員運営委理事会は認めないとしており、速やかに登院するよう通知している。

 “ガーシー包囲網”が日に日に狭まっている中、ガーシー議員を取り上げた15日放送の情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)が物議を醸しているという。

「番組で、ガーシーと親交のある『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳(49)が『もし帰ってきて本人が「ワイドナショー」出たいってなった場合、出れるんですか?』とMCの東野幸治に振り、ガーシー出演についてやり取りする場面がありました。それに、ガーシーも即反応。インスタで『これで帰国したら出たい番組増えたわ。その時のゲストは淳と(島田)紳助さんもお願いします』と、番組に出る気満々でした。そのため、淳が所属する吉本興業は、視聴率稼ぎともとれるこのやり取りを許したフジに『ガーシーを取り上げないでほしい』とクギを刺したといいます」(番組制作関係者)

 ガーシーこと東谷義和氏は、交流があった芸能人や実業家の裏の顔を自身のYouTubeチャンネルなどで晒すなど、暴露系YouTuberとして世間を騒がせ人気を集めた。その勢いで昨年7月の参院選にNHK党から出馬し当選。

 一方、複数の著名人や芸能関係者が警視庁に、ガーシー議員による名誉棄損や威力業務委妨害などの被害届が提出し、受理された。

 警視庁は1月11日、暴力的行為法違反(常習的脅迫)や名誉棄損、威力業務妨害の疑いでガーシー議員のYouTubeチャンネルの広告収入を管理する合同会社の前代表や現代表の自宅などを家宅捜索した。

つきまとう反社との交際疑惑

 ガーシー議員は、警視庁の事情聴取要請に応じる見通しで、滞在先のドバイから3月に帰国を予定しているとのこと。

「吉本が淳とガーシーの絡みに拒絶反応を示すのは、ガーシーには反社会勢力との関係が噂されているからです。吉本は闇営業問題の二の舞にならないかと神経を尖らせているのです」(前出・番組制作関係者)

 全国紙社会部記者はこう話す。

「被害届を出した一人に大手IT企業『楽天』の三木谷浩史会長の名前が挙がっている。だから、警視庁はやる気になっていますよ。しかも、容疑は通常、暴力団に使われる法律の常習的脅迫。ガーシー議員と反社の関係も疑っています」

 ガーシー議員はサッカーW杯カタール大会を現地で観戦している姿が目撃されているが、一緒に観戦したといわれる人物A氏が反社組織に属していると疑われているというのだ。

「ガーシー議員はAを信頼していますが、彼は国際指名手配されてドバイに逃亡。Aのバックには暴力団がついている、反社だと言われています」(前出・全国紙記者)

「ワイドナショー」でのガーシー議員に関するやり取りを見ていた吉本の幹部は慌てたと言う。

「昨年、出版されたガーシーの著書『死なばもろとも』(幻冬舎)で、過去に淳は様々な芸能人脈をガーシーに紹介して、淳自身も美女をアテンドしてもらったウィン・ウィンの関係が明らかにされている。淳はガーシーが反社ではないと否定していますが、国会議員の身分にもかかわらず、その疑惑は消えていない。ガーシーとの関係を断ち切ることを上層部は願っています」(吉本興業関係者)

 ガーシー議員の捜査が終了するまで、吉本の上層部は眠れない日々が続きそうだ。

(本多圭/芸能ジャーナリスト)