車中に残された小さな子らが熱中症で亡くなったというニュースはまったくなくならない。

 今年も5月に山口県防府市でパチンコ中の母親に置き去りにされ、生後2カ月の赤ちゃんが亡くなった。さらに先日、埼玉県上尾市の障害者施設の男性(19)が送迎用ワゴン車の中に放置されて死亡している。

 炎天下では、わずかな時間でも侮ってはいけない。日本自動車連盟(JAF)が最高気温35度の日の車中温度を測定したところ、黒い車の温度は最高で57度に達し、ダッシュボードは79度を記録した。白い車でも52度と74度だから、同じく命に関わるレベルだ。

 では、エアコンを切ってから何分くらいで危険な状態になるのか?

「実験では、エアコン停止からわずか15分で熱中症指数が危険レベルに達しました。お子さんが寝ているからといった理由で車内に残すのは、短時間であっても危険です」(JAF広報担当者)

 ある調査では、コンビニの平均滞在時間は2分12秒(男性1分50秒、女性2分35秒)だが、スーパーでは20分を超す。すぐに戻ってくるからと考えても、それぐらいの時間はかかっているのだ。

 ところで、上がった温度を下げる方法はあるのか。実は、JAFはこの実験も行っている。まるで気休めだったのがサンシェード。銀紙みたいなアレだ。実験では、まったく対策をしない車が最高52度なのに対し、サンシェードを装着しても50度と2度しか違わなかった。日なたではなく、日陰に駐車しても7度しか抑えられなかった。

「車のボディーに水をかけたらどうかと、8リットル入りのバケツを3杯かけてみました。なんと!下がったのは、たったの0.9度。車内温度を急激に冷やす方法は、エアコンを付け、窓を開けて走行すること。約55度の車内温度が1分半ほどで20度台になります」(前出のJAF担当者)

 高速道路で休憩する時の参考にしたい。