「一線は越えていない」――。「週刊新潮」に“略奪不倫”を報じられた今井絵理子参院議員(33)と橋本健神戸市議(37)は、7月27日の釈明・謝罪会見でそろってそう言い張った。

 ホテルやマンションに「お泊まり」。新幹線の車内で、はばかりなく手をつなぐ熟れ頃のカップルが、清らかな関係を続けられるのか。

 さらに橋本氏は現在、離婚調停中であることを明かし、こう主張した。

「調停中で、婚姻関係が破綻している場合、仮に一般的に『不貞行為』といわれるものがあったとしても、それは該当しないという知識があった」

 だったら何故、2人はカマトトぶっているのか。公僕である市議と国会議員が肉体関係にあったという生々しさを隠したいがゆえの「倫理的な言い訳」として「一線は越えていない」ということか。

 慰謝料請求問題に詳しい木川雅博弁護士がこう言う。

「法律的な観点からすれば、『お泊まり』の時点で、彼らはすでに“一線を越えて”います。法律上、『性交渉』を認定する場合、それをしたと推測するに足る証拠があれば十分だからです」

 たとえ性機能不全であっても、異性とのベッドインだけで法律上、性交渉を持ったとみなされるという。オーラルセックスや手コキはもっての外。挿入の有無は関係ないのだ。

「今井さんは謝罪会見の直前、所属する麻生派の幹部に、橋本市議と結婚するつもりだ、と伝えたようです。もし再婚すれば、晴れて2人は法的な意味は関係なく、“一線”を越えられるわけです」(永田町関係者)

 たとえプラトニックな不倫関係であっても、「一線を越えた」とみなされたくなければ、“お泊まり”は禁物だ。