コラム【ニューヨークからお届けします】

 アメリカでは、年間1万2000人がインフルエンザで亡くなっているといわれます。しかし、インフルエンザの予防接種を受ける成人は4割に過ぎません。

 そこで、もっと手軽に予防接種を受けられるようにと開発されたのが、「マイクロニードル」による予防接種です。

 それは、バンドエイドのようなものに微小な針=マイクロニードルが100個敷き詰められた“予防パッチ”。腕の手首に近い部分に貼ると、20分間で針に含まれたワクチンが肌に浸透する仕組みです。

 ジョージア工科大学で開発が進められ、このほど臨床実験が行われました。100人の被験者は、パッチで予防接種を受けるグループと、注射のグループに分けられ、28日後にその効果を比較。すると、パッチのグループの抗体レベルは、注射のグループとまったく変わりませんでした。

 パッチを貼ったグループは、医療従事者が貼った人たちと、一般のボランティアが貼った人がいましたが、効果に違いはなかったとのことです。

 貼った部分の肌が荒れるなどの副作用はあったものの、今後は実用に向けてもっと多くの被験者で臨床実験を繰り返し、改善していきたいと研究者は話しています。

 インフルエンザのパッチが実用化されれば、注射嫌いの人がもっと気軽に予防接種を受けられます。さらに、注射よりずっと安く、運搬が簡単で、冷蔵の必要がなく、使用後の針の始末も必要ないというメリットもあります。

 何より注目なのは、「医療従事者以外でもOK」=「自分でも貼れる」という利点です。発展途上国での予防接種の普及の大きな一歩になると、関係者は期待を膨らませています。

(シェリーめぐみ/ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター)