コラム【ニューヨークからお届けします】

 アメリカではなぜか、山羊(ヤギ、ゴート)が大注目されています。「ゴート・ヨガ」が全米でブレーク中ですし、「ゴート・ミルク」も牛乳に代わるヘルシードリンクとして人気を集めています。

 ゴート・ヨガは、山羊のいる農場や庭でヨガをやろうというもの。下を向いた犬のポーズを取ると、背中に山羊ちゃんがちょこんと乗ってきます。この感じがたまらないと、全米で「やってみたい!」という人が続出しているのです。

 最初にスタートしたのはオレゴン州の農場でした。昨年の夏、近所の人に山羊たちとの触れ合いを楽しんでもらおうと農場を一般公開したところ大人気を博し、来場者のアイデアでヨガクラスを始めてみたら予約殺到。今年初めには1000人以上がウエーティングリストに並ぶ異常人気となりました。このウワサは全米に広がり、同じようなゴート・ヨガのクラスが続々とオープン。ニューヨークの郊外の農場でもクラスが開かれています。

 山羊をペットとして飼うのもトレンドです。ニューヨークなどの大都会では家畜をペットにするのは禁止されているため、わざわざ郊外に引っ越す人が出るほどです。

 一体なぜ、いま山羊なのか? ペットの動物たちと時間を過ごすことは「ペット・セラピー」といわれ、ストレスの軽減や血圧を下げる効果が一般に知られています。その中でも山羊はおとなしく、静かでピースフルな動物として、癒やし効果も高く感じられるのだそうです。さらに拍車を掛けているのがインスタグラムで、可愛い山羊の写真が大量に投稿され、ブームを熱くしています。

 また、売り上げが急上昇しているゴート・ミルクは、牛乳よりも消化が良く、カルシウムを多く含み、ビタミンAと乳酸がお肌もキレイにしてくれると評判です。

(シェリーめぐみ/ジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター)