百貨店大手各社の2020年正月の福袋が出そろった。消費税増税後の売り上げが伸び悩む中で集客につなげようと、近年人気の体験型を中心に個性的な福袋をそろえている。店舗で抽選に応募したり、ゲームに参加したりすることで手に入る商品を用意。改元後初の正月ということもあり、令和にちなんだものも多い。

 松屋銀座では、令和と輪投げをかけた「令輪投げ」(3300円)が登場。ゲームの結果によって最高2万6000円相当のかばんが手に入る。缶詰をこぼれるまで袋に入れられる詰め放題(3000円)も行う。「百貨店を訪れる楽しさを感じてほしい」(広報担当者)として、来店することで企画に参加できる福袋に力を入れた。

 西武百貨店池袋本店は、埼玉西武ライオンズ監督から「西武魂ノック」を受けられる体験型(2020円)の福袋などを企画。令和の文字を刻んだ純金製の小判と尾長鶏のセット(222万2000円)も販売する。

 東武百貨店池袋本店は、すしや海鮮丼の2020秒間食べ放題(2020円)や、小学生向けに動画の企画から撮影・編集まで行えるユーチューバー体験(1万円)を実施する。高島屋は、4月の新元号発表時に「令和」の文字を揮毫(きごう)した書道家に好きな字を書いてもらえる福袋(2020円)を売り出す。