【60歳からの究極のお金の使い方】#2

 マイナポイントをもらう手続きをしましたか? これは来年の3月31日までの間、マイナンバーカードを持っている人がキャッシュレス決済をすると、利用金額の25%がポイントで還元される制度です。還元の上限は5000円分のポイントなので、恩恵を受けられる利用金額は2万円です。

 いつもの買い物で5000円を手に入れられたら、数日分のランチ代が浮きますし、ワイシャツやネクタイを新調できます。値上がりしたたばこ代、酒類の購入代に充てる人もいるようです。

 マイナポイントをもらうために必要な手間は、たった2つです。

●マイナンバーカードをつくる
●利用しているキャッシュレス決済にマイナンバーカードを紐づける

 マイナンバーカードは9月末の時点で普及率は約20%。まだ持っていない人も多いようですが、今から作成しても間に合います。早速スマホから申請をしましょう。受け取りには役所や出張所に足を運ぶ必要がありますが、平日午後6時以降や土曜にも窓口を開けている自治体があります。取得には1〜2カ月かかるケースが多いようです。

 マイナンバーカードが届いたら、マイナポイントを取得するための手続きを始めます。スマホやパソコンからもできますが、郵便局、コンビニなどに設置された「マイナポイント手続スポット」からも可能です。

 手続きの終盤で、マイナポイントを取得するために利用するキャッシュレス決済を1つだけ選択します。キャッシュレス決済は〇〇Pay、交通系IC、クレジットカードなど100種類以上。複数を選択することができないので、この点は注意事項です。

 あとは決済方法により、チャージだけでポイント還元が受けられるもの、決済ごとにポイントがもらえるものがあるので、どのように還元されるのかを確認しておきましょう。チャージで還元が受けられる場合、2万円チャージするだけで最大額の5000円分のポイントが受けられます。

 ポイントが付与されるタイミングは利用するキャッシュレス決済により異なり、翌日に付与されるものがあれば、翌々月末に付与されるところもあります。

 スマホやネットに慣れていない60歳以上の人は、手続きが面倒くさいと思われるかもしれませんが、キャッシュレス決済を利用するだけで最大5000円です。小遣いが増えると考えれば、ばかにできない金額です。しっかりもらって、しっかりお金を浮かしましょう。

(横山光昭/家計再生コンサルタント)